« 夏休み | トップページ | 孫悟空台風 »

2006/08/15

小泉首相、靖国参拝

 小泉首相、靖国神社参拝強行する。
 亡くなった人を弔うのは、それが戦争犯罪人であっても悪いことではないかも知れないが、周辺諸国の感情などももっと考えた方が良かろう。自分が正しければ何をしても構わないと言うよりも、きちんと説明するのが外交、いや人間関係の基本だろう。
 日中国交正常化に当たって、日本国民も軍国主義の犠牲者であるとして賠償を求めなかった当時の中国指導部(国内的・国際的実利があったのかも知れないが)に対して、小泉首相の外交姿勢は短絡的すぎる。
 A級戦犯は日本軍国主義の象徴となってしまっているから、中韓にとって首相の靖国参拝は耐えられないのだろう。言いなりになれというわけではなく、少しは人の気持ちに配慮して欲しい。それは象徴に過ぎないと言うのであれば、戦争の責任を日本がどう考えるのかということが問題になる。その説明と行動がないから、幾らA級戦犯は戦争犯罪人であると断言しても嘘っぽく、あるいはA級戦犯にだけ責任を押しつけているようにも聞こえるのだ。
 むしろ問題は靖国神社側が戦死者を美化し犬死にではなかったと強弁しようとする余り、あの戦争を正しい戦争であったと正当化しようとする靖国史観にある。A級戦犯の合祀もそのための道具としての政治的意図を感じる。
 しかし、無謀な戦争指導、非合理的、前近代的な戦略・戦術によって多くの将兵、市民が戦死、罹災したことは紛れもない事実だ。犬死にせざるを得なかった幾多の英霊を祀っているのが靖国ではなかったのか。軍国主義的、排外主義的風潮の象徴となることを英霊が願っているとは到底思えない。靖国の英霊を静かに眠らせるためには政治色は一切排除した方が良かった。
 靖国から政治色をなくす方法としても、宗教色を薄めた上で国立・特殊法人化する案は一考の余地があるのだが。

|

« 夏休み | トップページ | 孫悟空台風 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/11460065

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相、靖国参拝:

« 夏休み | トップページ | 孫悟空台風 »