« 東京農業大学収穫祭 | トップページ | のだめカンタービレとベートーベンの第七 »

2006/11/05

ばよりん練習

 のだめの峰くんにあやかって、先週からベートーベンの春を少し弾いてみる。
 冒頭の10小節だけだけど。11小節から20小節くらいまではアルペジオの練習にいいかも知れない。そのうち、うちの息子をおだてて伴奏やらせようかしら?
 それにしても最近練習してないからまた身体が動かなくなってる・・・

 ところで私が持ってる楽譜は原典版だけど、フィンガリングの指示があるってどういうこと?ベートーベンの指図なの?知ってる人、教えて!

→よく見たら、バイオリン譜にはフィンガリング&ボウイングの編集者の名前が書いていた。
 さて、原典版という意味は、他は原典に忠実であることを意味しているのか、スコアのバイオリンパートは原典通りであることを意味している(ピアノパートにはフィンガリングの指示が書かれてるしね)のか、どちらでしょう?
(2006.11.13追記)

|

« 東京農業大学収穫祭 | トップページ | のだめカンタービレとベートーベンの第七 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/12537911

この記事へのトラックバック一覧です: ばよりん練習:

« 東京農業大学収穫祭 | トップページ | のだめカンタービレとベートーベンの第七 »