« のだめカンタービレ Lesson 8 | トップページ | ER 第10シリーズ »

2006/12/05

Lesson 1

 ヴァイオリンのレッスン初日。まずはフォームの修正から。
右手も左手も相当直される。

先生に言われたこと:
右手:
 全弓を使うこと。
 ダウンはまぁまぁ。アップで元弓になったときに音が小さくならないように。
 アップで半分までは肘だけを曲げるように。
左手:
 第一関節と第二関節を直角に、指がなるべく垂直に弦を押さえるように。肘は内側に入れすぎないように。
 指を下ろすときは3センチ上から叩くように。その位でないと綺麗な音が出ない。

 頭では大体分っていたことだが、直接指摘されないとなかなか意識して弾いたりしないからなぁ。

 肩当ては、今のは合ってないようで、違うヤツにした方がいいのかも。先生のを使わせて貰ったら結構楽だし。昔の人は肩当てなんてしてなかったし、と思って余り気にしてなかったが、フォームが安定するまでは少しでも楽な方が上達が早いのかも知れない。先生のはKunの一番安い奴だけど高い奴はゴムがへたりやすいからこれで十分とか。
 ちなみに先生は海の近くに住んでいるらしい。

フィンガリングなど参考になるサイト:
ヴァイオリン弾き方講座

|

« のだめカンタービレ Lesson 8 | トップページ | ER 第10シリーズ »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/12961543

この記事へのトラックバック一覧です: Lesson 1:

« のだめカンタービレ Lesson 8 | トップページ | ER 第10シリーズ »