« 牧歌組合さん | トップページ | 暗譜 »

2007/01/23

Lesson 6

 ヴァイオリンのレッスン6回目。
 D-durのスケールなど。
 「オーラ・リー」「エデンの東」は何とかクリア。テンポが速いと弓を動かすので精いっぱいで綺麗な音が出せないのが難点。特に小指で押さえる音が不安定。こういう弱点を克服する練習も続けなくては。
 次の曲「愛はかげろうのように」を先生と弾いてみる。
 先生と一緒に弾くと、かなり自分の音程がずれているのが分る。う~ん。

 まさか師匠の方がずれてるわけではないですよね?

 ちょっと師匠と音程の話をしたが、師匠はもしかしてピタゴラス音律を理解していない?ピアノと合わせる時は平均律になっちゃうかなぁみたいな何かちぐはぐな会話になってしまった。
 師匠も苦労人で、腱鞘炎になって音大あきらめて普通の学校に行ったけどあきらめきれなくて卒業後にウィーンに留学したという人なので、頭だけの知識は余りないのかも。出してる音は正確だけど。(たぶん)

 音律についてちょっとだけ参考:ミンクス室内オーケストラ

|

« 牧歌組合さん | トップページ | 暗譜 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/13630920

この記事へのトラックバック一覧です: Lesson 6:

« 牧歌組合さん | トップページ | 暗譜 »