« ヴァイオリンの練習 | トップページ | ヴィオラのサイズ »

2007/02/13

Lesson 8

G-durのスケールなぞ。
 A線上のHとCの半音が開きすぎ、Dが低いと言われるが、人差し指と中指をギュッとくっつけると薬指が届かないんですけどぉ~。

バッハのメヌエット(出典不詳・・・しつこいっ)
 まったり系のバロックかと思っていたら結構勢いというか流れがある曲なのでびつくり。楽勝と思っていたがこんな所に落とし穴があった。来週はセコバイをやれとよ。

愛はかげろうのように
 やはり落ち着いて弾くと付点四分音符はクリアできた。が、もっと駒の近くで圧力を大きくして弾けとの指令。力を入れないと、弓が駒から逃げていくそう。
 オイラのばよりんを師匠が弾くと割と良い音色が出る。弓の違いか腕の違いか。

 チューニングするとき言われたのだが、E線が苦手だ。これは中学時分からなんで仕方ないのよね~。師曰く、男性は声が低いので高い音は取りづらいらしい。逆に女性はG線、D線が苦手なんだそうだ。ほんまかいな。

 さて、師匠とデュエットすると結構きれいで気持ちよいのだよな。
 それにしても、師匠はオイラにアインザッツを出せと言うが、急にそんなことを言われても何かこっぱずかしくてうまくいかんよね。

|

« ヴァイオリンの練習 | トップページ | ヴィオラのサイズ »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/13895029

この記事へのトラックバック一覧です: Lesson 8:

« ヴァイオリンの練習 | トップページ | ヴィオラのサイズ »