« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の32件の記事

2007/03/31

ヴァイオリンの練習など

 午前中は神経節ブロック6回目のため病院。
 途中青葉台で降りて青葉区文化センター(AKAフィリアホール)に寄る。予約しようとすると、利用者登録が必要だと言う。
 登録ってオンライン予約する時に必要なものだと思ってた。身分証明持ってないや。仕方ないので一旦引き下がる。もっとも公務員崩れやプロ市民もどきと違って東急の職員は応対が丁寧なので腹も立たない。
 病院行って家に帰ってからまた来ることにする。

 なんやかんやで余り練習せず。
 ザイツ、ヘンデルのラルゴ、新曲など少しばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/29

飲んだくれ2

 アルファー波を出すためには酒を飲むべし。
 優等生的な人生よりは酔っぱらい人生を歩みたい。飲んだくれの方が遥かに人間的だ。
 『ルバイヤート』(青空文庫にも入っていた)など読みながら酒を飲むのもいいじゃないか。

 ビールじゃ水代わりにしかならないので、昨夜の続きで食前からラムを飲む。(ちなみに私はストレート。アル中?)
 晩飯はスパゲティーミートソース。
 食後うたた寝して風呂入ったら目が冴えちゃったので、ラムをペリエで割って一杯。口当たりが柔らかくなってなかなかよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/28

飲んだくれ

 帰りにダイエーに寄ってラムとママカリを買って帰る。

 おととしの夏くらいから家で飲むスピリッツはラムと決まっておる。
 スコッチは薫製臭が何かしつこくて日常的に飲むのはしんどい。アル中は癖がない酒を好むのかも知れない。
 何でラムかって?深層意識的にはイギリス海洋小説的に一日一杯配給される命の水とか、晩年のヘミングウェイ『海流の中の島々』とかがあるのかもしれない。

 ママカリは何となく。アンティパスタ的なものが欲しかったのだが、ママカリってマリネっぽくてイタリアンだよね。
(スパニッシュでもある。瀬戸内海は日本の地中海だな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

Lesson 12

 ヴァイオリンのレッスン12回目。

G-durのスケール。
ヘンデルのなんとか(メサイア?)。
新曲 初見で弾かされる。

 終わってから藤が丘のペインクリニックへ。神経節ブロックの5回目。

 あざみ野の山内地区センターまで足を伸ばすが、5人以上そろわないと予約はできないのだそうだ。
 使いづらいこと夥しい。カルテットには最悪。こんな制約をかけるとかえって稼働率が落ちて施設が遊んでしまうような気がするのだが?
 お役所的な杓子定規な発想とでも言おうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

鍋割の語源

 鍋割山と言えば自分的には丹沢の鍋割山荘が有名なのだが、武蔵御嶽の近くにも鍋割山というピークがあって、ちょっと気になった。

 語源的にはアイヌ語起源の、

「なべわり」の地名は、田老町の「鍋割峠」の「なべわり」と同じアィヌ語系古地名で、次のように解釈されます。
「なべわり」の語源は、=アィヌ語の「ナム・ペ・ウワリ・イ(nam・pe・uwari・i)」→「ナムペウワリ(nampeuwari)」ないしは、「ナムプワリ(nampuwari)」で、その意味は、 =「冷たい・水が・産まれる・所」だと思います。
随想 アイヌ語地名考

や、その他の由来の

 弟子が先に赤木越えの峠で上人を待ちながらご飯を炊いていると、ご飯が炊きあがらないうちに鍋の水がなくなっているのに気づき、慌てて水を汲みに行って帰ってきたら、鍋が割れて米も黒焦げになっていた。そこに後から発った一遍上人が追いつき、これも如来が与えたもうた試練かと、何も食べずに再び歩き始めた。このことからこの辺りは鍋割と呼ばれるようになった。
プチ熊野古道歩き

があるようだが、丹沢や御嶽には何か由来があるのだろうか?

 丹沢にも十年以上行っていない。去年行く話があったが、自分の入院騒動があって立ち消えになってしまったままだ。今年こそは行ってみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

ヴァイオリンの練習など

 外は猛烈な風雨。
 能登では大地震があったらしいがまったく気付かぬほど。

 ザイツのコンチェルト、「魔笛」など。ヘンデルは通しで一度だけ。
 「Departures」で右手首を柔らかく使う練習。師匠は、全弓が使えるようになってきたので、次の課題は手首だと言っていた。
 Pirastroの松ヤニ(Goldflex)は粒子が細かいのか、毛が余り白くならないのにちゃんと弦に引っかかって、かつノイズも少なく良い感じ。

 晩飯はカレーのようだが、献立に注文を付けたら何か態度が悪いので食べず。
 ビールだけ飲んで寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

忙しい一日

 午前中歯医者へ。最後にクラウンを被せ治療完了。
 鶴見川の向こうに渡る橋は横浜ららぽーとに向かう人々でごったがえしている。閑静な住宅街が人波に洗われるというのは日産スタジアムの小机の状況に似ている。小机は人に家の庭にゴミを捨てられたり酷いらしいが。

 歯医者から藤が丘のペインクリニックへ移動。神経節ブロックの4回目。
 まだ良くなった実感はないが、なんとな~く回復期の神経が再生している時の感覚が甦った気がする。
 藤が丘駅前のPoPoLaMaMaで昼食。海の幸のジェノベーゼ。サイゼリア並の安さだが、ここもチェーンなのか?スパゲティーはもちもちのアルデンテで、今だかつてない食感。
 帰りはSuicaを使うが、私鉄でSuicaが使えるのは何か感動的。が、Suicaにチャージしようとするとクレジットカードは使えない。東急電鉄、お前もか!せこいぞ!

 一旦、家に帰ってびよらを少々いじる。音程が悪いと言われたので今日はばよりんは触らないでおく。ばよりん⇔びよらを持ち替えるとしばらくは指の間隔の感覚(駄洒落ではない)が鈍るのだもの。

 夕方からなんちゃってカルテットの練習。
 町田駅前は何故か機動隊のバスが集合していたりして物々しい。都知事選って公示したのか?石原某の演説でもあるのだろうか?石原某ならサヨクに刺されるキケンは大きいだろうが、今どきのサヨクに人を刺すほどの元気があるとは思えない。
 さて、カルテットの方は今回からチェリスト参加。ようやく本物のカルテットになった(感涙)。
 このチェロの方、けっこうベテランでただものではない。
 アイネク、バッハなどなど。
 パッヘルベルのカノンなどもやるが、なんとVn×3、Vc×1の編曲で、ばよりんの楽譜を渡されてもどうしようもない。どないせいちゅうねん。

 家に帰ると晩飯は昨夜の残りとおぼしきアジの干物のみ。粗食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

腹立つ

 10時ぐらいに家に着くと、嫁はフィギュアを観ていて、早く帰ってこんでええ時に帰ってくるとかぶつくさ言いおる。
 腹が立ったので、チビと風呂に入ってメシ食わずにビール飲んで寝る。
 こういう積み重ねで愛情など消えていくということが未だに分からんのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

人生相談

 会社の女の子に誘われて夜の10時過ぎから飲みに行く。
 女の子と言っても、十数年の付き合いだから結構いい歳になっている。
 この子との付き合いも紆余曲折あって(体の付き合いがあったという意味ではない)、今は部署は違うが同じ事業所で働いている。

 この子は正直言って見た目は悪いが体はスリムだしキャラクターがユニークで、結構チャーミングだと思ってる。
 人生相談を持ちかけられるが、どうも彼氏が二人いて二股かけるようで良心の呵責に耐えかねてるらしい。
 今どきの若い子に聞かせたいね。
 そんなことはどうってことないと言い聞かせて終電まで飲む。
 この子には幸せになって欲しいと思う。

 さて、自宅には飲んで帰ると連絡するの忘れてた。

続きを読む "人生相談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

ヴァイオリンの練習

 今ひとつ調子は出ないが、少し復調してきたのでちょっとだけ。

 びよらで少しだけオクターブのスケールなど。
 何しろカルテット主宰に音程悪いとか言われたし・・・こればっかりは練習を積むしかないのだから言いっこなしだと思うのだが、そこら辺が分らないのかな?
 親切心で言ってるのかも知れないが日頃の意趣返しという気もしないではない。
 まぁ悔しいのでピタゴラス音律でひたすらスケールする。
 言われたおかげでピタゴラスの音感が身に付いたと思えば有り難い話だわよね(美輪明宏風に)。

 今までハ音記号でとにかく音を出すために、何の音か意識することなしに無条件に指を動かしていたが、何の音か意識して弾くように心がける。
 C-dur,G-dur,D-dur,A-durあたりまで。

 ハ音譜を読む訓練も必要だが、音名を意識するにはト音譜で弾いてみるのも有効な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

Lesson 11

 ヴァイオリンのレッスン11回目。

 「Departures」「魔笛」最近の練習不足が祟ってヘロヘロ気味だが、良く弾けてるとの御言葉。
 「魔笛」は付点八分音符の長さを気を付けるようにだけ言われる。
 「Departures」は割と早いパッサージュを元弓で弾く時に手首を使うように言われる。どうも私は手首が堅いので、指を使ってしまっている。だと手首の動く向きが逆になっちゃうので、これを身につけるのは難儀そうだなぁ。

 レッスンの後は、速攻で藤が丘へ。神経節ブロックの3回目。Pasmoは今んとこメリットがなさそうだし回数券を買う。今回は麻酔の効きは良かったが首が痛い。注射器を良く見ると麻酔薬の量が結構多いだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/18

松ヤニ購入

 ストリングスラボに発注していた絃・松ヤニ届く。

 今のばよりんの弦はできるかぎり使いたいので、弦はしまっておく。
 松ヤニ(Goldflex)は粘度中くらいというが、弦の引っかかりが良く発音・立ち上がりがいい感じ。

 びよらの絃は今すぐにでも替えたい気持ちはあるのだが、買ってしまうとすぐに替えたくなるので、買わないで我慢しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

卒業式

 午前、小学校の卒業式。
 6年間もあっという間だ。自分もこの間に6歳としを取ったはずだが、まったく実感がない。学生時代のことが昨日のようだもんね。

 午後から横浜ららぽーと。『セント・ヘレナ』で昼飯食って(値段の割には今ひとつ)、パソコン注文して、ブラブラ。広いし混雑しててよう分らん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OT-120

 通販で注文していたKORGのチューナーOT-120届く。ネット最安値税込み6000円。

 十数年前に買ったYAMAHAのチューナーは大きい割には何も機能が付いていなかったが、OT-120はピタゴラス音律などでチューニングできる優れもの。
 何しろ、純正律なら取りあえず一番響く音ってことで訓練次第で何とかなりそうだが、ピタゴラスとなると「一番綺麗に聞こえる」旋律ということで何やら主観的な匂いがするし、これは平均律と一緒で記憶する?しかなさそうだし、かと言って平均律の楽器のように身近に音源がないので困っていた。
 これでピタゴラスを練習しよう!

 もっとも基音がAだけなのが玉に瑕。それに、なんとな~く平均律と変わりないような気がするが、気のせいか?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/03/16

歯医者

 会社の帰りに歯医者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SGB 2回目

 昨夜は定時に退社し、星状神経節ブロックの2回目に行ってくる。
 なんか前回より麻酔の効きが悪い気がしたが、気のせいか?

 帰ってきて電車を降りると鴨居駅は結構人が多い気がする(もっとも、この時間帯に帰宅することはめったにないのだが)。ららぽーと開業の影響か?

 メシ食って、食わず嫌い王篠原涼子観ながら気絶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

オーラの泉~小谷実可子~

 昨夜のオーラの泉ゲストは小谷実可子。
 江原氏の話を聞きながら落涙。
 もっとも、霊的とか前世の何とかじゃなくって、国会議員に担ぎ出されたりや色々下世話な事やら自然保護の使命やらと家庭との両立とか結構悩んでいるところを、ずばり言いあてられて感極まったみたい。

 エンディング観ながら気絶。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Pasmo

 時々東横線とか田園都市線とか、たまには小田急線とか市営地下鉄とか利用するのでPasmoカードやらに興味津々。
 何しろSuicaはViewカード以外のクレジットではチャージできないセコさだし。
 しかしなぁ~、定期との使い分けが難しいから、わざわざオートチャージ機能付のPasmoカードを作ってもメリットがあるかどうか分らんしなぁ~。
 少なくとも私鉄の券売機でクレジットでチャージできるなら当面は間に合いそう。

 Suicaに普通のクレジットカードでチャージできるようにするか、PasmoにJRの定期機能が持てれば(!)一番いいのだが・・・
 プリペイドなのに定価販売してるんだからクレジットカードぐらい使わせてくれよ。>JR東日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

最近のトラックバック傾向

 って、ほとんどトラバ公開してないんですが・・・

 まっとうなブログなのに何でトラバ公開してくれないの?とお悩みのあなた。もう一度、自分のブログを御覧あそばせ。もしかして、上半分がGoogle Adsenseに埋め尽くされてやいませんか?
 これは一般人の美意識からすると、醜悪広告商業主義でしかありませんよ。レイアウトを再考あれ!

 商業目的でないケロロ軍曹なんて如何でしょうか?

(って、なんでケロロ軍曹なんだ?>俺)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ららぽーと プレオープン

 3/15グランドオープンの横浜ららぽーと、既にプレオープンしたということでチビが友達と偵察に行ってきたらしい。
 感想を聞くと「広すぎてようわからん」だとよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/13

Lesson なしよ

 ヴァイオリンのレッスンの日だが、会議が長引き行けずじまい。
 振り替え等一切無いので、3300円余りが無駄になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

星状神経節ブロック

 午後から休みを取って藤が丘の医者に行ってくる。

 去年の6月に顔面神経麻痺(ラムゼー=ハント症候群)というのを患って9ヶ月が経過して、ビタミン剤とか血行をよくする気休めの薬も余り意味がなくなって、もう通院しなくてもいいと言われたのだが、何をしないのもシャクなので紹介された星状神経節ブロック(SGB)というのを試してみることにしたのだった。

 神経節ブロックというのは、首の骨から出てる神経節に麻酔薬を注射して交感神経を麻痺させ血行を促進するらしい。

 話を聞くと、私が入院したのは昭和大学の横浜市北部病院なのだが、同じ昭和大学でも藤が丘病院では入院中の急性期の内から神経節ブロックによる治療を行っているらしい。どうも治療法をめぐって学説(派閥?)が分かれているようで、それならそれでもう少し患者が治療法として選択肢を選べるようにして欲しい気もする。

 首の前の方から首の骨の近くまで注射針を刺すのでちょっと怖いが、まぁ顔面の血行が良くなるのは実感できる。大体週二回ぐらいのペースで十回から二十回必要だそうで、最初は週二三回やった方がいいと言うがなかなか時間が取れそうにない。

 やっぱり煙草は末梢神経を麻痺させるし、末梢血管を収縮させて血行が悪くなるので悪影響があるとは思うのだが、こればっかりはやめられない。
 田舎の従兄(といっても親父と2歳違い)も去年辺り患ったらしいが正月に会ったときはほとんど後遺症はなさそうだった。個人差か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絃発注

 Infeld Redもそろそろ二ヶ月以上が経過したし、次に備えてストリングスラボに発注する。
 次はドミナント Weichを試してみることにする。ついでに松ヤニ、PirastroのGoldflex発注。本当はねばっこいのを試してみたいのだが、びよらとの相性がいいらしいし取りあえず。Goldでも良かったが、ストリングスラボのカタログに載っていないので仕方ない。金粉が混じってるって、どんなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

ヴァイオリンの練習など

 軽くザイツのコンチェルト。
 「Departures」(良く見たら最後に-sが付く。意味不明の小室英語)「魔笛」死ぬほど。

 「Deprtures」は八分音符で全弓を返すし、ほとんどボウイングの筋トレに近い。昨日のカルテットもそうだが背筋が痛い。ボウイング筋が鍛え足りないのか?十六分音符のスラーでは綺麗な音を出すためには指を弦に叩き付けなければならない。
 「魔笛」はモーツァルトだしなるべく軽快に弾きたい。これも全弓全速。
 どちらを弾いていてもアタッシェの出だしがキコッというノイズが入ってしまう。力みすぎなのだろうが、出だしは少し力を抜くべきか?

 まだ流れるように綺麗にとは言えないが、死ぬほど練習するしかあるまい。腕~手首が堅いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/10

ヴァイオリンの練習など

 午前、歯医者。
 帰りに散髪。
 合間に、「Departure」「魔笛」練習。「魔笛」はMidiを入力して曲のイメージをつかんだりして、結構弾けてる。

 夕方から町田でカルテットの練習。
 途中、クロサワ楽器町田店に強行偵察。師匠は絃が30%オフと言っていたが、どうも20%~25%くらいしか安くない。横浜店は違うのか?ついでにスガナミ楽器も覗くが、なんと定価。信じられない。

 今日のメンバーはN氏と主宰。主宰はレッスンを再開したようで、弓の持ち方など寄ってたかってアドヴァイスする。
 エクササイズにバッハの管組Ⅱのロンド。易しい曲なのになかなか合わない。
 新曲、バッハの「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳から、Bist du bei mir(あなたがそばにいれば(汝わがそばにあらば、喜びもて我は))」
 アイネク1楽章。初心者にアイネクは無謀だと思っていたが、結構曲らしくなってきた。オイラのびよらは確実性が低いけど。たまにフィナーレが決まると気持ちがいい。
 弾いてると背筋が痛くなってくる。

 まじ、低弦仲間(チェロ)募集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

オーラの泉~鈴木紗理奈~

 昨夜のオーラの泉ゲストは鈴木紗理奈。

 割と好きなんだよね~。基本的にぶっちゃけキャラが好きなのね、きっと。沙里奈もけっこう美人系なんだけど、とぼけた振りをする所とかメッチャ可愛い。ナインティーナインのキャラは素なんだなぁ。

 さて、今日はあまり霊的な話は出てこなくて、無くなったお父さんの話がでたくらい。
 それにしても、チェ・ゲバラとか革命家が好きとは・・・基本的に子供っぽいというか、喧嘩と火事が好きな江戸っ子みたいなタイプなのかな。ただ恵まれない人達のためにできることは、別に戦火の中に入って行かなくても色々あるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

ヘンデルのヴァイオリンソナタ

 ヘンデルのヴァイオリン・ソナタについては、出版された楽譜によって作品番号が違ったり、本当にヘンデルの作品か疑いがあったりするらしい。
(詳しくはヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ集 ノート参照)

 私が買ったヘンレの楽譜は、作品番号はクリュザンダー版に拠り、昔からヴァイオリンソナタとして番号を付けて呼ばれている6曲に加えて、HWV364aが収められている。
 きっと、これが現在の相場ということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

Lesson 10

 ヴァイオリンのレッスン10回目。

モーツァルトの魔笛
 譜読み。う~ん段々難しい曲になってきたかなぁ。
Departure
 自信なさげにヘロヘロ弾いていたら、もっと力強く弾けとの指示。さらに♪=100くらいで弾けと・・・

 う~ん、二曲も練習しなければならないとは・・・

 師匠と与太話を少ししたが、私は音程と音色をちゃんとしたいのでテンポがゆっくりになってしまうタイプだが、師匠はとにかく速弾きの自己陶酔型らしい。ソリスト・ストバイタイプとでもいおうか・・・
 確かに速く弾いたりしてるとアドレナリンがいっぱい出てハイな状態にはなるのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

ヴァイオリンの練習など

 春らしい穏やかな一日

 ザイツの「学生コンチェルト5番の第1楽章」、ベートーベンのスプリングソナタ少々。
 ヘンデルのソナタ ヘ長調 作品1の12 HWV370。ちゃんと弾こうとするとヘンデルもそこそこ手強い。
 びよらでクロイツェルの2番、アイネクを少しさらう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/03

ヴァイオリンの練習など

 一昨日の夜、歯の被せものが取れてしまったので、午前中歯医者。予約なしで行っても無理だとか夕べカミさんにガミガミ言われて喧嘩になったが、すぐに診て貰える。中の方が虫歯になっているので、消毒して型を取って数回通わないとダメらしい。

 カミさんは友達に会いに行ってしまったので、メシを作ったりする合間に、もっぱらザイツの「学生コンチェルト5番の1楽章」

 昨日買ってきたヘンデルのソナタ集、パート譜がチェロ(ガンバ)の他にバイオリン譜が二冊付いて来たので、変だと思っていたら、フィンガリング付とフィンガリング無しの原典版だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/02

ヘンデルの楽譜など

 LPIC認定試験を受けに横浜まで出たついでにヤマハに寄って楽譜など見繕ってみる。
 ポイントカードの有効期限も迫っていたし。クリスマスシーズンのポイント3倍セールで稼いだ二千円分を使わなくっちゃ。

 結局、ヘンデルの「7つのソナタ--バイオリンと通奏低音のための」と、セビシックの「バイオリンの授業 作品8--ポジション移動と準備のスケール(音階)練習」を買ってくる。
 ザイツのコンツェルト全集も探したが見つからず。

Hn191
Boe5163


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

ヴァイオリンの練習など

 通院のため会社休む。

 予約が10:30だと思っていたら10:00からだったようで、遅刻のペナルティーとして大分待たされる。次の患者を先に診てる訳だし穴が空いた訳でもないし間違いって事もあるんだから、もう少し勘弁してくれよ。>昭和大学横浜市北部病院さん

 昼飯はジョリーパスタで食べて帰宅。
 ザイツの「学生コンチェルト第5番第1楽章」など弾いてみるが、絃もビリビリいうし気分が余り乗らず。
 後は、最近の疲れと病院で待ちくたびれた疲れが出て午睡など。

 去年の6月に発病した顔面神経麻痺は、もう投薬ではこれ以上の回復は望めないということで、神経節ブロックを試してみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »