« ヴァイオリンの練習など | トップページ | 絃発注 »

2007/03/11

ヴァイオリンの練習など

 軽くザイツのコンチェルト。
 「Departures」(良く見たら最後に-sが付く。意味不明の小室英語)「魔笛」死ぬほど。

 「Deprtures」は八分音符で全弓を返すし、ほとんどボウイングの筋トレに近い。昨日のカルテットもそうだが背筋が痛い。ボウイング筋が鍛え足りないのか?十六分音符のスラーでは綺麗な音を出すためには指を弦に叩き付けなければならない。
 「魔笛」はモーツァルトだしなるべく軽快に弾きたい。これも全弓全速。
 どちらを弾いていてもアタッシェの出だしがキコッというノイズが入ってしまう。力みすぎなのだろうが、出だしは少し力を抜くべきか?

 まだ流れるように綺麗にとは言えないが、死ぬほど練習するしかあるまい。腕~手首が堅いのか?

|

« ヴァイオリンの練習など | トップページ | 絃発注 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/14225647

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンの練習など:

« ヴァイオリンの練習など | トップページ | 絃発注 »