« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の28件の記事

2007/05/30

国立大交付金配分見直し

 経済財政諮問会議とかいう人たちが国立大学の交付金配分の見直しを企んでるらしい。
 無駄遣いをやめるために競争原理を導入して研究成果が出てない大学には交付金を余り出さないようにする趣旨らしいが、その通りにすると殆どの大学で交付金が大きく削減され、特に研究よりも教員育成を目的としている教育系大学(芸大も)や、成果がすぐには表れない基礎研究は壊滅的なダメージを受けそうだ。

 多くの教科を教えなければならない教育系大学は、ただでさえ予算削減で教科の数を減らしたりしているのに、配分を大きく減らされたらどうなってしまうのか?
 日本の未来を担う子供達を教える先生達の質がさらに低下してしまうんじゃないのか?
 それとも、子供達には「美しい国」だけを教えてればいいってことなのか?

 経済財政諮問会議のメンバーは大企業のお偉いさんが多いらしいが、日本の企業が基礎研究には金を出さないのと同じで、基礎研究や教育の重要性がまったく分かっていない。日本の未来はかなりやばいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/29

緑資源機構二人目の自殺者

緑資源の前身・森林開発公団の元理事が自殺
2007年05月29日10時51分

29日午前5時15分ごろ、横浜市青葉区青葉台1丁目のマンション駐車場で、男性が頭から血を流し、うつぶせで倒れているのを近くの人が見つけ、管理人が119番通報した。神奈川県警の調べでは、男性はこのマンションに住む、緑資源機構の前身にあたる旧森林開発公団元業務担当理事の山崎進一さん(76)で、飛び降り自殺とみられる。

 松岡農相に引き続き、緑資源機構の官製談合事件で二人目の自殺者が出た。
 少し前には松岡農相の同窓生で地元秘書みたいなことをやっていた会社社長も自殺してるそうなので、正確には三人目ですな。

 この人たち、よほど後ろめたいことをしてたんでしょうな。
 それとも秘密をしゃべられたら困る人が殺して回ってるのか、何かの祟りか呪いか?

 まぁ実際は、会社社長⇒農相に迷惑かけちゃいかんと自殺、農相⇒自責の念に駆られ、かつ安部総理は辞職を受け付けてくれないので自殺、元理事⇒ますます自責の念に駆られ自殺、なんでしょうが。

 金に汚いくせに、悪者同士のくせに自殺するほど自責の念に駆られるってのが理解できんけど。
 悪いヤツら同士の連帯感みたいなものがあるのかね。

 しかし青葉台のマンションって駅から近いとこのマンション?
 たしか飛び降りが多発したマンションがあったような気がするけど。
 引っ張られちゃったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

松岡農相自殺

 アルカリイオン水疑惑渦中の松岡農相が自殺したそうな。

 他に責任の取り方もあるだろうに。辞職も政権にダメージを与えるので板挟みになったのだろうか?
 それでも落としどころを考え、もっともダメージの少ない最善の選択をするのが政治家だろう。所詮、小者だったということか。

 野党の追及をかわすための謀略ではあるまいね?

 公職にありながら公金の不明朗な会計処理をしてちゃんとした説明をしていないので、不謹慎を承知で言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

ヴァイオリンの練習など

 クロイツェル36番。
 ヘンデルのソナタなど。

 午後、ヘンデルを弾いているとカミさんが珍しくもう一度とリクエストしてくる。
 バロックのまったり感が心落ち着く模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

ヴァイオリンの練習など

 二日酔い気味で余り調子出ず。

 ヘンデルなどたらたら弾いていたが、夕方から気を取り直してクロイツェル36番最初の方だけ。ポジション移動の練習の成果で余り苦労せず弾けそう。この曲、ポジション移動の練習としても使えそう。

 ホーマン4巻50番4ポジを少々。2ポジの10番は大体弾ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 昨夜は久しぶりに会社の人と飲みに行く。
 甘太郎満席なので笑笑へ。
 途中意識が途切れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

光市母子殺人事件

光市の差し戻し審一回目公判開かれる。
 犯人(福田孝行)は一向に反省のそぶりがないようだ。

 驚いたのは弁護団が21人にもなったことだ。

 弁護士とは一体何を考えているのだろうか。

 加害者の人権(という言葉は嫌いだ。殺人者に人権などあるのか?)あるいは公正な裁判を受ける権利を否定する訳ではないが、主任弁護人の安田好弘はじめ足立修一など、いわゆる「人権派」と呼ばれる弁護士達は、やりすぎだ。
 手段を問わず死刑を回避、あるいは1日でも死刑執行を遅らせること自体が目的になっているとしか思えない。
 「じゃれて頚を絞めたとか」「生き返らせる儀式のために屍姦した」とか、この弁護団頭がおかしいとしか思えない。
 こんな茶番じみた弁論をして情状酌量されると本気で思ってるのだろうか?話題を集めて死刑廃止を訴えようとしているだけじゃないのか?

 「死刑廃止」を訴えたいなら、法廷で堂々と死刑の非人間性、憲法違反性を訴えればいい。
 判決に影響を与えないことでは同じだろうが、よほど世論の支持を得られるだろう。

 弁護士の間では安田好弘ら「人権派」の法廷戦術を支持あるいは否定しない人が多いようだが、一体何を考えているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

Lesson 17

バイオリンのレッスン

Aのスケール。
G線のAを弾くとA線と共鳴するんだね。

美しく青きドナウ
1拍目が休符の時につられて音を出してしまうが、まぁまぁ

ワルツィングキャット
ポジション移動する時に親指も一緒に移動するように。
音程を微調整する時も親指を一緒に動かすように。
ハーモニクスは弦に小指の腹で触れるか触れないかぐらいにすると、透明できれいな音がする。

その後、神経節ブロック13回目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

ヴァイオリンの練習など

 自分だけ弾けないとヤバイので、びよらでアイネク。
 やっぱり4楽章は良く分からないな~。当面はスコア見ながらじゃないと合わせられない。2楽章は一箇所だけ入るタイミングが分からない。

 昨日の疲れが出たのが午後は余り弾く気になれず。ちょっとだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

ヴァイオリンの練習など

 4ポジの練習。ホーマン4巻の50番にすすむ。

 そういえば、中学のオーケストラ時代はほとんど3ポジで弾いていた(たいていの管弦楽曲のセコバイは3ポジだけで弾ける!?)ので、3ポジは楽勝なのだ。かえって2ポジだと譜面を見ても指の位置に一瞬迷う。
 4ポジは3ポジより上なので、まだ分かりやすいかな。

 夕方よりカルテットの練習。主宰とK嬢。
 アイネク2~4楽章。
 2楽章:まだ入るところが分からない箇所がある。
 3楽章:メロディーに乗る所が余り弾けていない。
 4楽章:あっちこっち弾けてないし入るところも分からない。当面スコアを見ながら弾いた方がよさそう。
 主宰とK嬢は結構弾けるようになってきた。発音が弱いので特に3楽章はしっかりと音を出して欲しい。
 最後に全楽章通しで弾いてみる。ボウイング筋が死ぬほど痛い。
 遊びで『春』の最初の方を少し弾いてみる。

 家に帰ってビール飲んでメシ食って気絶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/17

ステーキ食うのも命がけ

店じまい装い女性客を拉致、暴行容疑 ステーキ店店長ら
2007年5月16日(水)23:51

 大阪・ミナミのステーキ店「ペッパーランチ心斎橋店」で、食事中の女性客を連れ去り、乱暴するなどしたとして、大阪府警が、店長の北山大輔(25)=大阪府泉佐野市=、店員の三宅正信(25)=大阪市西成区=の両容疑者を強盗強姦(ごうかん)、逮捕監禁致傷の疑いで逮捕したことが分かった。当時の客は、被害女性だけだったという。両容疑者は「女性を囲っておくつもりだった」などと供述し、容疑を認めているという。

 こないだの特急サンダーバード車内でのレイプ事件も、本当にこんな事件が起きるんだとびっくりしたが、これも結構凄い。女性はおちおち一人でメシも食えない。
 えげつないエロ小説の読み過ぎじゃないのか、コイツら。

 きっと悪いことをした自覚もなく、捕まったのは運が悪かっただけだと思ってるから出所しても犯罪はやめんでしょうな、こういう人達は。
 何か、人間性とか共感能力が欠如した人達が増えてるな。そうゆう人達には死んで貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンサンブルの練習

 一口にアンサンブルの練習といっても色々あるような気がする。

1.アンサンブルの中で弾くという個人の能力を磨く練習
2.選曲、譜読み、音合わせ
3.曲作り。どのように弾きたいのか・どういう音楽を作りたいのか意識を合わせる。
  実際に意識合わせしたように弾く練習。
  これができてないと結局、それぞれがバラバラに音を出しているだけで音楽にはならない。

 本来ならカルテットの練習は2,3だけにしたいが、1.の能力を含めて個人の演奏技術の水準が低くちゃ仕方ないよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

Lesson 16

 ヴァイオリンのレッスン16回目。

 G-durのスケール。
 「テキストのエチュード」
 やっぱり付点付き音符の拍子の取り方が怪しげだが、まぁこんなもんだろうとのこと。
 「星に願いを」
 2サビ(第2主題提示、同展開部…ちと大げさ?)がちと心許ないが大体オーケーとのこと。
 次回は「Waltzing Cat」。確かFCLAのドレ会でやった記憶がある。懐かしぃ~。少しだけ師匠のピアノに合わせて弾いてみると、んっ?聞いたことがないメロディー?と思ったら半分くらいのテンポで弾いてみたとのこと。先生が本来のテンポで弾くと、やっぱりあの曲だ。ニャ~オ~って所が素敵なメロディー(?)。曲の最後はハーモニクスで締めくくれとのこと。

 レッスンの後は神経節ブロック12回目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

ヴィオラの楽譜

 ヒンデミットのヴィオラ・ソナタ(Op.25-4, Op.11-4, 1939)、の楽譜ゲット!

 他にヒンデミットとかレーガーの無料楽譜ないかなぁ?特に無伴奏曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞

 こないだ、新聞の勧誘でビール券を配れなくなるからと言って某新聞の勧誘員が駆け込みで契約してったが、何のことはない、今度は別の新聞が缶ビール(現物)を置いていった。
 申し合わせでは「ビール券」だけ廃止なので現物は規定されてないんだろうね。重い箱を担いできた勧誘員さん御苦労様です。

 ちなみにうちは3ヶ月契約でビール券20枚、350mlの缶ビール40缶くれないと契約しないことにしている。
 販売店はこんなにくれないので、ヘタをすると契約切れになって新聞が来ない月もあるが、まあ2週間もすれば勧誘員が来て置いていってくれる。うまくすれば、その月の残りはタダで配達してくれる。

 俺も昔は朝日ばっかり読んでいたけど、なんか最近は讀賣でもいいやって気持ちになってきた。文化面とかは今イチな気がするけど。低脳白痴のコボちゃんだけは何とかして貰えば。
 論調も、歳を食って保守的になったのか、最近は讀賣の方がしっくりくるような気がする。自分は本質的にリベラルなんだけどね。
 朝日は報道が偏向してるとまでは思わないけど、ときどき困ったちゃんサヨクやらプロ市民を援護するようなところがあってイカンなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習に使えそうな場所

自分メモ

篠原地区センター(東横線妙蓮寺から徒歩10分)
北山田地区センター(横浜市営地下鉄センター北から徒歩15分?)
城郷小机地区センター(JR小机から徒歩1分)

あざみ野は4名以上の参加がないと予約ができないのと、プロ市民もどきの係の態度が気に入らないので除外。
市職員・外郭団体は左翼系の人が多いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

ヴァイオリンの練習など

 2ポジの練習、ホーマン4巻の10番。
 びよらでアイネク少々。
 テキスト少々。

 ホーマン4巻10番はそこそこ弾けるようになってきたので、3ポジの19、22番あたりを滑らかに弾けるように。
 さらに4ポジの練習曲も、滑らかにポジション移動できるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

ヴァイオリンの練習など

 午前中は神経節ブロック11回目。
 1時間くらい待たされる。

 午後から授業参観なので、カミさんとガストで待ち合わせすると超込み。おまけに日替わり和膳を注文したのに日替わりハンバーグランチと間違えてるし作り直しでさらに時間を喰う。

 結局、授業参観には間に合わず、学習内容の説明会とやらだけ聞いてくる。

 ヴァイオリンは少しだけ。
 2ポジの練習少々。テキストの曲あれこれ。拍をちゃんと数えるようにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

カルテット練習

 なんちゃってカルテット、今週はお休みらしい。

 まぁ都合があるのは仕方ないし、やる気がないわけではないだろうけど、ちょっと物足りない感じ。
 アパートとかで余り練習できないのなら、もっと必死で練習する必要があるんじゃないだろうか。
 オイラも独り暮らしの時は家ではなかなか練習できなかったけど、アンサンブルの優先度はかなり高かったぞ。

 やはり、カルテットってものが良く分かってないのかな・・・

 そもそも、アンサンブルの練習は、各自が自分のパートをそれなりに弾けるようにしてきて、始めてアンサンブルの練習が始まるのに・・・

 考えてみると、今の練習では次の3つの要素が混じっている。

1.アンサンブルの練習
2.個人練習
3.初見でも何でも、とりあえず合奏して楽しむ

 ところが、主宰は違いがどうも分かってないようだ。
 アンサンブルの練習は個人練習の代わりにはならないし、個人練習ができてないのにアンサンブルの練習は始まらない。
 また単に合奏を楽しむのとアンサンブルの練習は異なる。

 そもそも、アンサンブルの練習というのは、各自がどういう風に弾きたいのか、どういう音楽を作りたいのか気持ちを一つにする作業だけである、と断言してしまっていい。
 極論すると、弾けてる/弾けてない、単に音の出だしが合う/合わないというのは、どうでもいい。そんなことは、技術的な問題に過ぎない。アンサンブルの練習とは無縁なものだ。
 もっと大切なのは、曲を解釈し、曲を理解し、音楽の流れを一つに纒め、みんながその流れに身を任せることだ。

 色んな楽しみ方があるし、1回の集まりで上のパターンを組み合わせてもいいのだが、少なくとも今自分が何をしているのか自覚的であって欲しい。
 どうも主宰は、1.と2.が違うことを良く理解していないし、アンサンブルをやれば個人練習の代わりになると思ってるような気がする。
 かといって、毎週死ぬほど練習するでもない。物足りなさを感じるのはそこら辺に原因がありそうだ。

 毎週練習があるわけではないから、他に適当なカルテットがあれば掛け持ちしようかな?

 ということで、ヴァイオリンかヴィオラ募集してるカルテットありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラの弦

 何度か触れているとおり、購入時からヴィオラに張ってある弦が何なのか分かっていない。
 御存知の方がいたら教えて下さい。

 テールピース側はこんな感じ↓


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/08

Lesson 15

 久しぶりにヴァイオリンのレッスン15回目。

 なんと師匠が連休中にちゃっかり結婚していた!

 気を取り直してスケール、テキストのエチュード。
 裏拍で入るのが難しい。2箇所ある内、成功率は5割。
 続いてヘンデルのラルゴ。
 動揺したのか久しぶりのレッスンで緊張したのか、しょっちゅう間違えるし余り弾けてない。
 やっぱり点付きのオタマジャクシは苦手だし。
 とは言え、ヘンデルは卒業できそう。

 次回は星に願いを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辻ちゃん結婚?

 朝、めざましテレビを観たらモー娘。の辻希美結婚のニュースが。
 しかも妊娠2ヶ月とか。
 避妊ぐらいちゃんとしろよ~。

 と思ったら、昨日のサンデージャポン(今気が付いたが、英語と仏語が混じった変な名前)で記者会見の様子を流していたが、やっぱり「避妊は考えなかったんですか?」という質問が飛んでいた(声が福岡翼 っぽかったな~)。杉浦太陽くんは「授かった命を大切に育てたい」みたいなことを言って適当に誤魔化していたけど。今思ったんだが、このセリフも深読みすると、中絶も考えたがやっぱり産むことにした、みたいに聞こえるな~。
 俺的には、安室奈美恵や広末涼子が避妊してなくてもどうでもいいけど、辻希美を孕ませたらやっぱり犯罪だろ~。
(2007.05.14追記)

続きを読む "辻ちゃん結婚?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

連休最終日

 2ポジの練習ずっと。
 左腕をフリーにしなければならないと思っていたら、指が十分に開かないのだった。これは鍛えるしかないか…

 9連休も今日で最後だが例年のような虚しいようなあっけなさは余りないなぁ。ひたすらヴァイオリンを弾いていてそれなりに充実していたせいか。

 午後も2ポジの練習。
 16分音符で16個続くスラーが弓がもたない。アップで元弓になってくると、きれいに音が出せなくなってくる。長い音符だと元弓でも圧力をかけて音量が出せるのだが、まだまだだな。
 しばらく1ポジでしか弾いてなかったので、G線の2ポジが苦しい。どこかで見たハイフェッツの写真のように思い切り右肘を上げてみる。このホーマン4巻の10番は2ポジとは言え色々課題が多い。

 とは言え弾いてるうちに大分慣れてきた。後は音程に注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

連休八日目

 義姉と姪を連れて崎陽軒本店へ。ランチバイキング1600円。食べ放題というメリットはあるが、この値段でこの味ならバーミヤンで何品か取ったのと大差ないような気もする。

 食後山下公園へ。ブラブラしながら赤レンガ倉庫まで歩きさらにブラブラ。
 ブラブラと桜木町まで行って、送り届ける。

 夕方、2ポジの練習少し。
 ヘンデルのラルゴなど。アップが安定しないで弓が震えてしまうのでボウイングを考え直す。腕の重さをしっかり弦に伝えるためには肘をもう少し上げた方が良さそうだ。あと、どうも手首が固いようなので、ダウンからアップに移るときにきちんと弓を返すように気を付ける。
 アップで弓の圧力が十分かけられないのはダウンの手首のカタチのままだからだ。よく言われてるように圧力が小さかったり大きすぎたりするのとは違う。
(そう言えば、師匠も手首を柔らかくした方がいいと言ってたときに似たようなことを言ってたな)

 2ポジの練習で気付いたが、左肘も移弦したときに自由に動くように気を付ける。指先で誤魔化さないで、きちんと垂直に弦を押さえるようにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

連休七日目

 ホーマン4巻2ポジの練習。
 10番をスムーズに弾けるようにならないとならない。
 各ポジションで確実に弾けないことには上達は望めない。
 4ポジも少々。
 気分転換にヘンデルのラルゴ。
 セヴシックのOp.8のNo.1。7ポジまで出てくるが、単調なので嫌になる。
 昼食後もホーマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

連休六日目

 午前中、昨日の剪定した枝の処分。
 チビは部活。(なんと彼は剣道部に入部したのだ!うちの家系から運動部に入部するヤツが出るとは!)

 ウォーミングアップにテキストに載ってる曲を色々。ヘンデルのラルゴ。

 昨日AKIAで買ってきたパソコン台組み立て。

 昼食はマクドのお持ち帰り。

 机がはみだしてしまうのでパソコン台撤去。

 ヘンデルのソナタA-dur。1楽章Andante、2楽章Allegro拍子の取り方が難しい。3楽章なんとか?4楽章これならまだ弾ける。
 続いてg-moll何とか最後まで。音程は取りあえず気にしない。調性など全くない。
 D-dur2楽章途中まで。

 ここらでヘンデルのソナタどこまで弾けたか整理。

1番 A-dur リズムが難しい。途中で挫折。
2番 g-moll 何とか
3番 F-dur そこそこ
4番 D-dur 未挑戦
5番 A-dur 未挑戦
6番 E-dur 何とか
7番 g-moll 未挑戦

(むろん、何とか、そこそこというのはきちんと音程も正しく弾けてるわけではないので注意)

 なんちゃってカルテットをつらつら思うに、主宰はカルテットの練習が何を意味するのか分かっていない。
 ヴァイオリンの個人の練習の延長でしか考えていない。
 単に個人の技量を高める上でアンサンブルは意味がない。弾けることが前提なのに、弾けないのにアンサンブルをやろうとしても意味がない。
 アンサンブルの練習はバイオリンの練習の代わりにはならない。

 ホーマン4巻2ポジの練習。少々。
 気分転換にザイツのコンチェルトなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

連休五日目

 午前中はAKIAでお買い物。パソコン机と椅子など。
 ガストで昼食。

 午後、アイネク、春のストバイを少々。
 庭木の剪定をやって、夕方テキストの曲を色々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

連休四日目

 カイザー7番。これはポジション移動の練習曲ではない。
 ホーマン4巻4番。2ポジの練習。指が開かない。左肘を前に内側に出すようにする。続けて10番。結構難しい。
 引き続き第3ポジションの練習。19番、22番。
 ついでに第4ポジション。44番。

 気分転換にザイツのコンチェルト5番。
 ヘンデルのラルゴなども。
 ヘンデルのソナタF-dur。
 D-durも。教本みたいでちと苦しい。

 つらつら思うに、アンサンブルをやるなら一人で弾くよりさらに難しいので、自分の腕より少し易しめの曲を選ぶべきなのに、主宰もK嬢もそこが分かってないなぁ。
 自分の実力以上の曲を弾こうとして色々つまみ食いしても結局中途半端になっちゃって一向に上達しないんだけどなぁ。

 ヴィヴァルディの四季より春、ソロパートを少し。
 夕食後、アイネクのストバイを少し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »