« 今日のカロリーなど | トップページ | 社会保険庁職員も死刑 »

2007/07/01

光市母子殺害事件

 また控訴審。

 屍姦すると生き返るとかドラえもんが何とかしてくれるとか、被告人は結構理路整然と弁論しているようだ。弁護団に入れ知恵されているのだろう。被告は人間としての基本的ルールが理解できないほど相当頭が悪いみたいだから、こんな証言をすれば死刑回避できると弁護団に騙されてるのかも知れない。まったく反省のかけらもない被告もさることながら、安田弁護士を始めとするこの弁護団もかなりのものである。罪を犯した刑事事件の弁護人というのは、罪を犯した被告に道理を説くのが仕事の1つとも思えるのだが、この弁護団にとって被告は死刑廃止のための道具に過ぎないのだろう。どうせ鬼畜で死刑になるのは避けられないのだから人間らしく反省させる必要もなく、とことん道具として利用してしまえということか。
 こんなとんでもない弁護士達が存在し、死刑廃止を訴える弁護士の中に(かなりの比率で?)いるという事が分かったのがこの裁判の意義になっている。
 正直、この裁判のおかげで死刑はやっぱり必要だという声も増えてるし、死刑廃止論者にとってはこの弁護団の存在は迷惑でしかないと思うのだが?
 そもそもこんな被害者の命の尊厳を顧みない人達が死刑廃止を訴えてもまったく理がないだろう。
 死刑廃止論者こそこの弁護士達の懲戒請求をすべきだろう。
 弁護士は、被告の利益のためならどんな弁護をやっても良いという勘違いした世間の常識から外れた人が多いようで、この弁護団を援護する声もあるようだが、サンジャポの八代弁護士は同業者なので言いづらそうではあるがこの弁護団はおかしい、間違いであるということを言っていた。刑事事件を扱っていないせいもあるのかもしれないが、これが一般的な常識人の声である。

 死刑制度については冤罪の可能性もあるから僕も死刑の代わりに終身刑を設けたらいいかとも思うんだけど、この事件を見る限り死刑はやっぱり必要だって気もするし微妙なんだよね。

|

« 今日のカロリーなど | トップページ | 社会保険庁職員も死刑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/15612093

この記事へのトラックバック一覧です: 光市母子殺害事件:

« 今日のカロリーなど | トップページ | 社会保険庁職員も死刑 »