« 今日のカロリー | トップページ | 世界一長い弦楽四重奏曲? »

2007/07/01

ヴァイオリンの練習など

 チャイコフスキーコンクールで日本人が優勝したらしい。
 諏訪内晶子以来二人目とのこと。

 練習の方は、チャルダッシュ少し。出だしのLargoはsur Gの指示を守ると6ポジまで出てくるのですが?
 ドナウ、パリの空の下。けっこうイイ感じ。

 暑くなってきたせいか(関係ないって)置いてあったヴァイオリンのG線が突然切れる。
 いい加減半年近く使ってるしな。
 仕方ないので弦交換。今度は予告通りドミナント(ヴァイヒ)だっ。
 弦が柔らかすぎて弾きづらい面もあるが、これも経験だろう。弦を押さえる力とボウイングの弓のコントロールが自在にできなければならないっ!

 何気にReal Playerで曲情報の編集をしてたら高橋悠治のドビュッシー『喜びの島』がかかって、確かにドビュッシーらしからぬ情熱的で激しい曲だしハリセンの妻かおりが「恋しちゃってルンルンッ(はぁと)!!」って曲だと言ってたけど、実際は愛人エンマと逃避行してても妻リリーは拳銃自殺は図るわ、ルンルン言ってられる状況でもなかったような気がするんだけど。芸術家は当然自分の経験や私生活から着想を得ることはあっても、作品を作り上げる過程ではもはやそんな私的な感情は関係なく、かおりの解釈は非常に通俗的でドビュッシーのスキャンダルを扇情的に書き立てた当時の新聞と同じレベルにあるのだが、それでも「恋しちゃってルンルン」というフレーズには単純で分かりやすく魅力があることは確かだ。
 ところで、のだめはどんな曲だと思ってたんだっけ?年金もらってどーのこーのと言ってたようだけど。

|

« 今日のカロリー | トップページ | 世界一長い弦楽四重奏曲? »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/15611831

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンの練習など:

« 今日のカロリー | トップページ | 世界一長い弦楽四重奏曲? »