« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の24件の記事

2007/09/30

オケの練習とか

 オケの練習。
 弦分奏はほとんど○○○状態。(びびって入団をためらう人がいるかも知れないので、あえて伏す)
 う~ん、あんまり弾けてない。練習してないので無理もないけど。スパルタ個人レッスン状態となる。
 練習しないとヤバいなぁ。
 全体合奏でも弦が少ないので、ちょっと寂しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/29

ヴァイオリンの練習など

 主にレッスンでやる曲を中心に。
 特にベートーベンのメヌエット後半は余裕こいてないで可能な限り高速で弾けるようにしておく。
 メトロノームソフトを使って♪=130で。

 午後、昼寝の後、CD整理の続きなど。
 買った覚えのない'80歌謡曲など出てきて得体の知れない歌曲もちらほら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

時津風部屋殺人事件

また大相撲で不祥事

急死直前に30分も“ぶつかりげいこ”、時津風親方は黙認

 愛知県犬山市の大相撲時津風部屋の宿舎で今年6月、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山(ときたいざん)=がけいこ中に急死した問題で、亡くなる直前の斉藤さんに対する長時間のぶつかりげいこを時津風親方(57)(元小結双津竜)が黙認、兄弟子らが斉藤さんをバットで殴るなどした暴行を制止しなかったことが27日、県警の調べで分かった。

この人たち、殺人か、良くても傷害致死だと思うのですが?


遺体の状況としてWikipediaに以下のように記載されているが、削除されるかも知れないので転載しておく。
うん、やっぱり故意か未必の故意か分からんが、殺人で立件しましょう>愛知県警

・片目が陥没していた
・額がざっくり割れていた
・顔がザクロのように裂けて肉片が飛び出していた・唇が裂けていた
・耳が引きちぎられていた
・全身に無数の殴打後があり、異常に腫れ上がり表皮のほとんどが紫になっていた
・陰毛が火で焼かれていた
・脚部には針状のアイスピックのような物で刺された傷が無数に有った
・足にはたばこの火を押しつけられ、焼けこげた根性焼きの跡が30数箇所もあった

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/09/25

Lesson 27

 ヴァイオリンのレッスン27回目。
 ほとんどヴィブラートの練習。どうも今の課題はテンポアップとヴィブラートらしい。
 ヴィブラートは、まだ手首が柔らかくうまく動かない。師匠は、肩をもう少し内側に入れた方が良いかも知れないと言うが、むしろ左腕の脱力が余りできていないのかも知れない。逆に言うと、ヴィブラートがうまくできるようになれば、左手の脱力ができた状態になるのでは?
 次回からはベートーベンのメヌエットの由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

御獄山

 昨日、今日と関東のパワースポットの1つである御嶽山に登ってくる。

 初日は生憎の小雨で、山歩きに慣れた人達ならなんてことはないのだが、足弱な集団なので登頂は見送って奥多摩をドライブする。
 ここら辺で一番大きな日原鍾乳洞へ。
 中はひんやり。けっこう狭いところがあるので頭をガンガンぶつけ涙目になる。こんなことならヘルメット持ってくればよかった。
070923_1135nippara

 一夜明けて今日は、一応雨は上がったが気力も体力もない足弱な人達なので、ケーブルカー利用で上まであがり御嶽神社へ。

 拝殿
Ca280019_2

 本殿の裏にある大口真神社。日本武尊を助けたオオカミの神さまを祀っている。狼は太古より神様の使いであった。
070924_1055makami

 やはり本殿裏の玉垣内にある皇御孫命社の狛犬ではなく猪(狛猪?)。めずらしい。
070924_1053komainu

 この神社の主祭神は櫛真智命だが、元は自然崇拝の山岳信仰だったと思われる。
 普通の神社は南に面しているが、ここは家康が改築した際に東面に改めたそうだ。自然のエネルギーを江戸に向け鎮守としたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/22

安藤裕子リサイタル

 駆足の一日。

 主目的は、紀尾井シンフォニエッタやオーパス・ワンや芸大オケでお馴染みの(?)ヴィオラ奏者、安藤裕子様のリサイタル。
 チビのピアノの先生の発表会を除けば実に十数年ぶりのコンサート/リサイタル。
 最後にコンサート聴きに行ったのは「ギドン・クレーメルと愉快な仲間達(勝手に命名。クレメラータ・バルティカを結成する前だったから、ロッケンハウスの仲間達のようなタイトルだったかも知れない)」だったか、フィリア・ホールに何かを聴きに行ったような行かなかったような・・・もはや記憶が朧気・・・

 まずは渋谷ヤマハ渋谷店へ。物欲がふつふつと湧き出るが必要最小限に押さえておく。
 次にタワーレコードとHMVに寄るが、作曲家別に分類された中からめぼしいのを探すのは大変。オンラインで検索→注文した方が早そう。

 会場へは歩いて行けそうなので、NKH裏を通り会場まで。(どうも、渋谷は道玄坂と公園通りは分かるが、方角がどうなっているのか理解できていない)
 お祭りらしく、会場の隣には御輿が鎮座ましまし屋台なんぞもある。
 客の入りは半分強?1/3が関係者、1/3がヴィオラ系の人か。


9/22(土)14時開演 HAKUJU HALL
Duo Ando & Kanai 安藤裕子&金井玲子 リサイタル Vol.3

曲目は

J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ 第1番 ト長調 BWV1027
J.ブラームス:ヴィオラとピアノのためのソナタ 第1番 ヘ短調 Op.120-1
Y.ボーエン:ヴィオラとピアノのためのソナタ 第1番 ハ短調 Op.18 / ファンタジー

アンコールは、ヴォーン・ウィリアムスのロマンス(遺稿)

という、バロックからモダンまでを俯瞰するプログラム。
 このコンビでは11年ぶりのリサイタルとか。

 久しぶりに聴く実演だし、ヴィオラ・ソロを生で聴くのも初めてだし、柔らかな音色のバッハに始まり、初めて聴くボーエンまで至福のひとときを過ごす。
 バッハはバロック・ボウで弾くのかと思っていたが、ごく普通に。ボーエンは時折混じるピチカートが小気味いい。弱音器を付けると柔らかな音色がさらに柔らかく。長年ロマン派は食わず嫌いでいたけど、最近ブラームスも聴くようになって、結構名曲が多いね。
 それにしても今井信子のCDなんかを聴いても思うんだが、なんでヴィオラの名手はハイポジションで綺麗な高音を出せるんだろう。駒の近くを弾いたり指版寄りを弾いたり良くコントロールしてるのはかぶりつきで見ていて良く分かったけど。


安藤裕子ホームページはこちら 安藤裕子
ブログはこちら あんの部屋

 来月はフィリア・ホールで安藤裕子トリオ(勝手に命名)行くつもり。


 明日からは1泊の予定で奥多摩ハイキング。
 詳細は山日記の方で。リアルタイム中継するかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

Lesson 26

 ヴァイオリンのレッスン26回目。
 音程はほぼOKが出る。あとは、裏拍で入るところを気を付けて、もうちょいテンポアップしましょうとのこと。
 それと、「ヴィブラートをかけてみましょう」と言われる。
 去年復活して以来、バロック調の曲を弾くことが多かったので、ヴィブラートの必要性を殆ど感じてなかったので、実にン十年ぶりにまともにヴィブラートをかける。が、何しろン十年ぶりなので綺麗にかかるわけもない。
 手の位置を変えずに、ヴィブラートをかけたい指を弦に沿って延ばしたり縮めたりするのがヴィブラートの練習になる由。ほんまかいね。
 おまけでピチカートの練習。初心者コースの総仕上げ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

ヴァイオリンの練習など

 と言いつつ、午前中はヴィオラでフィンランディア少々。バッハのチェロ組曲少々、Sittの弦楽四重奏版少々。

 一人で弾いてると一曲弾き通すだけ集中力が持たない。弾き通せるのはザイツとかヘンデルとかいう情けない状態になってしまう。気力体力を身に付けるにはどうしたらいんだろう?それとも練習が足りないだけか?
 どうも一々休憩して一服しちゃうのがよくないのよねぇ~。
 一人で練習していたりすると、音を外したりすると一つ一つ立ち止まって音を確認したりするが、音を外そうが間違えようがとにかく弾き通すというのも一つの訓練かと。結構、気力と体力と根性を身につけるスポコン的練習も必要。

 ヴィオラばかり弾いているとヴァイオリンの音程がメタメタになるので、週明けのレッスンに備えて午後はヴァイオリンのみ。
 モーツァルトのソナタ。まったりしたバロックのトリルと違ってモーツァルトのトリルはブリリアントな華やかさを添えるもので八分音符に付いてたりするので、クロイツェル15番で少し練習。結構指が動かない。それにトリルをかけるとリズムが乱れる。いかんなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

ヴァイオリンの練習など

 なぜかホーマン引っ張り出して少しAs-durの練習。♭が4つもあると嫌だなぁ。っていうか、どの音が何なんだか頭がごっちゃになってくる。
 モーツァルトのソナタ24番。1楽章たらたらと。

 昼はJolly Pastaへ。海老とプチトマトのレモンソース、クリームソースにレモンが入ったフェトチーネでシンプルいずベストって感じ。このチェーンって世間的には評価が低いみたいなんだけどなんでだろ?パスタ系のファーストフードでは一番いい方なのだが?都心の店が良くないのかな?
 ワインを頼んだら、なにしろ今日は休みにもかかわらず7時前に起きたんで、家に帰ってから無性に眠くなって午睡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

オケの練習とか

 朝から設立準備中オケに顔出し。まだ人が少なく、弦が壊滅的なので引くに引けず余り弾けないけど(ってシャレじゃない)頭数揃えのために顔を出す。
 あいにく管も出席率が悪く仕方ないのでパート練習というか各パート1人だったりするので弦分奏など。弦分奏といっても、ほとんど弦トリオ状態なのだけど・・・
 シベリウスのフィンランディアは大分曲は理解したが、インテンポだったら落ちまくりだな。よくも田舎の中学生がこんな曲を弾いてたもんだ。

 帰りに町田で骨髄バンクドナー登録。採血ついでに「一本抜いてきませんか?」と言われて(若干脚色あり。日赤のお姉さんはこんなこと言いません)400cc血を抜かれる。ここの献血ルームはおやつドリンク食べ飲み放題なので、歩き疲れた時の休憩にいいかも知れない。(違
 町田109のHMVを偵察してみるが、ほとんどクラシックは置いてない。仕方ないので鴨居まで帰ってきて横浜ららぽーとのHMVも覗いてみるが、こちらもクラシックは余り置いてない。HMVじゃクラシックはオンラインで買えっちゅうことやね。

 家に帰ったら汗だく。一服してからモーツァルトのソナタKV374dを少し
…と思ったが意外と難しそうなので先週に引き続きKV296。1楽章は何とかなるかも。
 お稽古ヴァイオリンなら小学生レベルかも知れないけど、まぁモーツァルトも満足に弾けないで難曲が弾けるわけもないしね。

 朝マック、昼もマックだったのでカロリー過多かと思ったら、夢想だにしなかった63Kg台に突入。血を抜かれたせいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

リバウンド?

 ダイエットのおかげか胃袋が小さくなって、朝おにぎりを食べると余りお腹が空かないので昼飯を抜いたりする。
 が、無性に口寂しくなり夕方会社の近くのコンビニに走る。

 東ハトの良味100選濃厚チーズスナック。これがなんと427.5kcal!優に一食分のカロリーはあるじゃああ~りませんかっ!
 昼メシ抜いても意味無いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

ハーン様ご購入

 今日もCD屋に行ったらハーン様のバッハのコンチェルトがあったので衝動的に購入。
 バッハのヴァイオリン・コンチェルトはこないだ買ったばかりだけど、アーノンクールは今ひとつだったような気もしたし、ハーン様のも聴いてみたくなって購入。
 このアルバム、発売当初よりも安くなっててお求めやすいのはいいけど、エンハンスドCDじゃなくなったんですね。
 映像が欲しかったぞ、畜生。仕方ない、DVDでも買うか。

 こないだ、廉価版だったので買ったアーノンクール。アーノンクールって良く知りませんが。評価保留。ドッペルはちょっとユルいかな。

 ついでに、こないだこれも廉価版だったので買った諏訪内晶子のチャイコフスキーのヴァイオリン・コンチェルト。17年前(もう!)のチャイコフスキー・コンクールの時のウィナーズ・ガラ。実は私、諏訪内初体験。
 世間的な評価はどうか知らないが、これを聴く限り意外と?諏訪内悪く無いんじゃないかと思う。まぁ僕はコンチェルト余り聴かないし、何とも言えませんが。
 しかし、こないだ出したバッハのコンチェルトも、試聴した限り、録音にもよるかも知れないけど先のハーンとアーノンクールと比べて輝きがあったように思う。

 今日もう1枚買ったのはモーツァルトのソナタ。俺が本当は昨日買いたかったのはもしかしてこれか?41番と43番は持ってなかった。本当はハーン様に全曲録音して貰いたい所だ。

 諏訪内晶子のチャイコフスキー・コンクールの時の映像はビデオで発売されてたみたいだけど、今は絶版。辛うじてYouTubeで観れる。
 なんと18才(!)。こないだのギドンといい、初々しいなぁ。
 YouTube諏訪内晶子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

CD大人買い

 モーツァルトのソナタをもう少し揃えたくて大人買い。
 って言っても、僕の場合、廉価版でも3枚以上買うと大人買いの部類なのだけれども。

 これは廉価版じゃないけど、持って無い曲が多くて、初めてのヒラリー・ハーンなので。
 凄くいい録音。何かを試聴した時にはヒラリー・ハーンって今ひとつって思ったけど、これを聴くとなかなか。まだ若いのに立派な演奏を聴かせてくれる。ピアノのナタリー・シューとは13歳の時から一緒に弾いてるとか。おまけのインタビュー動画を見ても凄く仲が良さそう。当たり前なのだが、余計息がぴったり合ってる気がする。

 後で気付いたら、ヒラリーも買うなら4曲中3曲はダブる。まぁ、少し聴き比べてみるのもいいでしょ。

 おまけでハンガリー舞曲。一応オリジナルの4手ピアノも聴いておかなくては。ラベック姉妹ももうオバハンや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

Lesson なしよ

 レッスンの日だが打ち合わせが長引き行けずじまい。
 だいたい定時から用があるって言ってんのに長引かせんなよ。プンプン。

 早めに家に帰ってメシ食って酒飲んで気絶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

ギドン・クレーメル

 ちょっとあれこれ検索していたら(いやシュニトケのヴァイオリンソナタの音源を探してただけなんだけど)、ギドン・クレーメルのディスコグラフィーを網羅している素晴らしいサイトを発見したので紹介しておく。

Rakastava
本館
ブログ

 髪の毛がふさふさしているチャイコフスキー国際コンクールの時の写真もあるし(笑)。初々しい少年のようだけど、ヴァイオリン弾く時のあの眼差しは今と同じですな。そして、あの、口半開き・・・(^^;
 それにしても、ギドンももう還暦だ。

 口半開きといっても勿論ギドンを馬鹿にしてる訳ではありません。
 でもギドンは意識して口を開いてるとか。
 口を開けることによって力み過ぎないようにしているそうです。無駄な力を抜く=脱力が必要ですからね、ばよりんを弾くには。(2007.10.23追記)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/09

ヴァイオリンの練習など

 午前、クロイツェル2番3番。36番途中まで。
 午後、モーツァルトのソナタKV296第1楽章。何となく曲調は理解したが、修飾音込みで綺麗に弾くにはトレーニングが必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御馳走帖

 カロリー計算はやめるが、何を食べたかは記録しておくことにする。敬愛する内田百間先生にあやかってタイトルは御馳走帖としたい。


9月5日

 明太子おにぎり2ヶ

 会社の何かのパーティーやらでブッフェ形式でフランス料理。
 腹が痛くなるほど食べかつワイン痛飲。

9月6日

 昨夜食べ過ぎたので抜く

 スパゲティーミートソース

9月7日

 海鮮丼

 餃子・納豆・スパサラダ(チーズ竹輪入り)

9月8日

 冷や麦・蕎麦

 ハンバーグ
 ラム、ビール
 アイスシュー2ヶ(普通のシュークリームを凍らせたもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

ヴァイオリンの練習など

 基礎練習が重要であると再認識。
 クロイツェル2番3番。8番はしばらく弾いていないので結構難儀する。
 どうも、ポジション移動や移弦した時だけでなく、押さえる指によって左肘の位置を動かした方が楽そうだ。
 指が押さえやすく動かしやすい位置に肘が無意識的に動くようになるといいのだろうが。そうなるまで、ひたすら練習しろということだな。

 ヴィオラを弾いてると重音が多くて困る。しかも速く正確に弦を押さえないといけないので困る。少しは練習になるかと思い36番も。これも久しぶりなので難儀。
 ふと気付くと、これはAllegroなので結構速いはず。てゆーか速すぎ。

 午後からモーツァルトのソナタKV296譜読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

カロリー記録終了

 体重が64キロ台まで落ちてきた(3ヶ月で5キロくらい?)し、ダイエット効果がだいぶ軌道に乗ってきたので、摂取カロリーの記録は終了。
 空腹に慣れると結構快感になってくるし、胃袋が小さくなって余りたべたいとも思わなくなる。
 拒食症にならないか、ちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/04

今日のカロリー


 明太子おにぎり1ヶ

 明太子おにぎり1ヶ

 豚の生姜焼き
 カボチャ
 ごはん
 ビール
 梨 半分

64キロ台キープ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

今日のカロリー


 鮭おにぎり 150Kcal

 鮭おにぎり 150Kcal

 カツ丼
 胡麻豆腐
 カボチャ煮付け

 いきなりの64.0Kg。体重計が壊れたのかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

ヴァイオリンの練習など

 などと言いつつ余りせず。
 昼前から酒飲んだり、ピティナでピアノ曲聴いたりして過ごす。まぁ、こんな日もあるさ。
 余りに弾けなさすぎなのでめげてる?のかも知れないが、地道にひたすら練習するしかあるまい。
 つらつら考えるに、今の問題は指が動かない点にあるので、これはヴィオラもヴァイオリンも同じこと。ならば、ヴァイオリンで指と音程の練習をしっかりやるべきだろう。ヴィオラで音程が悪いのは当面仕方がない。
 はて、指の練習に良い教本は何だろ?

 『世界の果てまでイッテQ!』を見てたら佐藤唯ってコが出てたけど、山形のどこ出身なんだ?プロフィールには山奥と書いているけど・・・訛りが良い感じに出ている。誕生日は3/29だし・・・うちの郎党はここら辺に集中してるんだよな。



 ラーメン 450Kcal
おやつ
 Italian Tomatoの苺ショートケーキ生クリームたっぷり甘さ控え目 350Kcal

 塩鮭 120Kcal
 肉じゃが 280Kcal
 納豆 50Kcal
 ごはん 260Kcal
 ビール 150Kcal
寝酒少々 100Kcal

 1760Kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/01

ヴィオラの練習など

 課題曲色々。やっぱり速さには付いてけんわ。
 そう言えば「フィガロの結婚」も中学生の時、1コ上の先輩が弾いてた思い出の曲。走ると地獄を見る曲。
 チェロ組曲、再び少しだけ。
 午後はヴァイオリン少々。「虹のかなたに」とかベートーベンのソナタちょこちょこ。

 後は少しCDの整理など。大して数を持ってないくせに見たこともないCDが結構出てきてビックリ。
 アンテナ(ジャージーなフレンチの人。古すぎ?)のアルバムが5枚出てきたのもオドロイタが、フランクのヴァイオリンソナタを3種類持ってたのにもオドロイタ。基本的にクラシックマニアみたいに演奏家ごとに同じ曲を何枚も買ったりしないのにね。(しかしアン・アキコ・マイヤースとチョン・キョンファとカントロフってのも偏ってる気がするけど・・・)
 シュニトケとかカップリングの関係での重複はあるけど、意識して同じ曲のCDを買ったのはバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータが唯一。(これもギドン・クレーメルの旧録音と新録音っていうのも何だけど)


 おにぎり 100Kcal
 目玉焼き 120Kcal

 ラーメン 450Kcal
 助六寿司 200Kcal

 ラム・ロック 150Kcal
 久しぶりにエビフライ 450Kcal
 めかぶ 50Kcal
 ごはん 350Kcal
 野菜サラダ 80Kcal

 1950Kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代音楽の諸相

ってほど大袈裟な話ではないが、トラックバックして頂いた藝大の作曲科の学生さんのWeb、せっかくトラックバックして頂いたのはいいけどリンクが切れてるので改めてリンクしておく。
(Unix系のファイルの拡張子は.htmlだったりするから注意しなさい)
 未来の黛敏郎かルイージ・ノーノになるか知れんので恩を売っておくことにする。

RULE 90 cellular automatous music

 オートマトンを利用した自動作曲をされてるようだが、実験音楽の域を出るか大化けするか。ここが正念場という気もする。
 藝大の藝術祭は来週7~9日の由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »