« Lesson 27 | トップページ | ヴァイオリンの練習など »

2007/09/27

時津風部屋殺人事件

また大相撲で不祥事

急死直前に30分も“ぶつかりげいこ”、時津風親方は黙認

 愛知県犬山市の大相撲時津風部屋の宿舎で今年6月、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山(ときたいざん)=がけいこ中に急死した問題で、亡くなる直前の斉藤さんに対する長時間のぶつかりげいこを時津風親方(57)(元小結双津竜)が黙認、兄弟子らが斉藤さんをバットで殴るなどした暴行を制止しなかったことが27日、県警の調べで分かった。

この人たち、殺人か、良くても傷害致死だと思うのですが?


遺体の状況としてWikipediaに以下のように記載されているが、削除されるかも知れないので転載しておく。
うん、やっぱり故意か未必の故意か分からんが、殺人で立件しましょう>愛知県警

・片目が陥没していた
・額がざっくり割れていた
・顔がザクロのように裂けて肉片が飛び出していた・唇が裂けていた
・耳が引きちぎられていた
・全身に無数の殴打後があり、異常に腫れ上がり表皮のほとんどが紫になっていた
・陰毛が火で焼かれていた
・脚部には針状のアイスピックのような物で刺された傷が無数に有った
・足にはたばこの火を押しつけられ、焼けこげた根性焼きの跡が30数箇所もあった

|

« Lesson 27 | トップページ | ヴァイオリンの練習など »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/16592089

この記事へのトラックバック一覧です: 時津風部屋殺人事件:

» 時津風親方 部屋のご紹介! [とび蹴りママの過激な時事ネタニューでGO!]
弟子が傷害(?)で亡くなった「時津風部屋」ですが、弟子が傷害(?)で亡くなった「時津風部屋」ですが、時津風親方には「おかみさん」はいないのでしょうか?こういうときに止めるのはおかみさんだと思いますし、弟子のメンタ... [続きを読む]

受信: 2007/09/27 21:54

» 17歳力士が、午前11時10分ごろ兄弟子とぶつかりげいこを開始。約30分後に土俵上で倒れたが、119番通報がされたのは午後0時50分ごろで、それまでは近くの通路に寝かされていたという悲惨な事件について [痛いニュース情報☆ 痛いニュースとアフィリエイトと音楽やその他]
もうね、ひくどころか、終わってますね。ビール瓶で殴るわ、いじめよりひどいよ。そりゃ弟子入り志願者なんて増えないです。そのビール瓶親方が、事故前のインタビューが>記者会見した師匠の時津風親方(元小結双津竜)は>「過去にマリフアナも吸っていたようだし、入門してからも、たばこはやめられなかったようだ。>何とかしたかったが、申し訳ないというしかない」と沈痛な表情で話した。>再三の脱走や喫煙にも「部屋全体でカバーしていたのに…」と肩を落とした。>27日午後...... [続きを読む]

受信: 2007/09/28 00:21

» 耳が裂けていた?~不登校と戦う [不登校と戦う~母をなめるな!]
時津風部屋の事件がマスコミを騒がせていますが御昼を食べていた時に亡くなった力士のおじさんが「耳が裂けて帰ってきた!」と言ってました。耳が裂けるってどんなだ?耳って裂けるのか?みんなでゾッとしながらも想像ができないことにあれこれ言いあいま...... [続きを読む]

受信: 2007/10/05 21:07

« Lesson 27 | トップページ | ヴァイオリンの練習など »