« ヴァイオリンの練習など | トップページ | Lesson 26 »

2007/09/17

ヴァイオリンの練習など

 と言いつつ、午前中はヴィオラでフィンランディア少々。バッハのチェロ組曲少々、Sittの弦楽四重奏版少々。

 一人で弾いてると一曲弾き通すだけ集中力が持たない。弾き通せるのはザイツとかヘンデルとかいう情けない状態になってしまう。気力体力を身に付けるにはどうしたらいんだろう?それとも練習が足りないだけか?
 どうも一々休憩して一服しちゃうのがよくないのよねぇ~。
 一人で練習していたりすると、音を外したりすると一つ一つ立ち止まって音を確認したりするが、音を外そうが間違えようがとにかく弾き通すというのも一つの訓練かと。結構、気力と体力と根性を身につけるスポコン的練習も必要。

 ヴィオラばかり弾いているとヴァイオリンの音程がメタメタになるので、週明けのレッスンに備えて午後はヴァイオリンのみ。
 モーツァルトのソナタ。まったりしたバロックのトリルと違ってモーツァルトのトリルはブリリアントな華やかさを添えるもので八分音符に付いてたりするので、クロイツェル15番で少し練習。結構指が動かない。それにトリルをかけるとリズムが乱れる。いかんなぁ~。

|

« ヴァイオリンの練習など | トップページ | Lesson 26 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/16473112

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンの練習など:

« ヴァイオリンの練習など | トップページ | Lesson 26 »