« ブラームスの交響曲 | トップページ | 初期ロマン派アンサンブル »

2007/10/02

Lesson 28

 ヴァイオリンのレッスン28回目。

テキストの曲
・レガートの途中で移弦する時に弓が停まらないように
・もっとテンポアップ。(この曲、速度記号が無いからきりがないんだよなー)

ベートーベンのメヌエット
・弓の配分・スピードに気を付けてもっとメリハリを付ける。の所は先半弓で。
・A線、E線は弾く位置に気を付けるように。指板寄りになりすぎると寝惚けた音になる。
・練習してて3ポジじゃないと弾きづらい所があったが、そこは3ポジで良いとお墨付きを貰う。が、後でテキストを見たら微妙に違うフィンガリングが書き込まれていた…

 ヴィブラートは意識しないでかけてると綺麗にかかってるみたい。意識しちゃうと変に力が入っちゃうなー。

|

« ブラームスの交響曲 | トップページ | 初期ロマン派アンサンブル »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/16646856

この記事へのトラックバック一覧です: Lesson 28:

« ブラームスの交響曲 | トップページ | 初期ロマン派アンサンブル »