« ヴァイオリンの練習とか | トップページ | 東国原知事「徴兵制はあっていいと思う」…県民座談会で »

2007/11/27

Lesson 32

ヴァイオリンのレッスン32回目

・ハイドンのセレナーデ
・モーツァルトの魔笛
 冒頭のあたり、人差し指は指板に残したままにするように。
 あと、弾いている内にHが低めにFが高めになってくる。
 ここら辺が、聞いていて調が感じられないようなモヤッとしたような音程が悪いような感じに聞こえるので、注意しなければなるまい。
 やはりスケールをやるべきか。
 それと、E線で小指でCを押さえる時は人差し指をFに残したまま小指を延ばすこと。

 ふと気が付いたが、最近ブルッフとか優雅(?)に弾いていてキレイにポルタメントができないなぁ~と思っていたが、前回エルガーでポジション移動する時にも注意されたが、ポジション移動する時って、いきなりジャンプ~山カンで着地、になりがち。恐らく、弦を軽く押さえたままポジション移動するのに慣れないとポルタメントもキレイに出せないのだろう。

|

« ヴァイオリンの練習とか | トップページ | 東国原知事「徴兵制はあっていいと思う」…県民座談会で »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/17206196

この記事へのトラックバック一覧です: Lesson 32:

« ヴァイオリンの練習とか | トップページ | 東国原知事「徴兵制はあっていいと思う」…県民座談会で »