« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の13件の記事

2007/12/31

ヴァイオリンの練習など

 29日から年末休暇に突入したのだが、風邪を引いていたのにもうすぐ休みだからと無理を重ねたのがたたって1日寝て過ごしたり。
 昨日はだいぶ調子が良くなったので、簡単な曲を少しばかり。
 ついでにヴァイオリンの弦交換、実に半年以上ぶり。ドミナントのヴァイヒは結構日持ちしてくれたように思う。もともと音量や張りのある音でないので、余り劣化が目立たなかったのかも。
 今度は、ドミナント(ミッテル)+ゴールドブロカットという超スタンダードにしてみる。
 音量、張りは申し分ないが、柔らかい弦に慣れすぎたせいか、やたら力が必要で背筋が痛くなる。

 最近、駒そばで力をかけて高速で弾くと音が割れてたのが、単に弦を押さえる左手の力不足っぽいのが分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

ヴァイオリンの練習など

 昨日・おとといは殆どせず。
 ヴァイオリンでレッスンの曲などを少し弾いただけ。
 どうも寒い部屋で厚着してると楽器をうまく支えられない。ボウイングが元弓になると不安定になるのは練習不足か。

 今日はヴィオラで、シベリウスのロンド。譜読み。高音部のフィンガリングを決めておく。その場しのぎだと、進歩しないしね。間違いでもいいから自分の指遣いを決める。最大で5ポジで何とかなりそう。指を伸ばして弾くところが多いのが気になるが、具合悪けりゃ後で直してけばいいし。
 指は大体決めたが流麗に弾けるまでには道険し。

 後はヴァイオリンでレッスンの曲など易しめの曲を色々。ヴィオラでしっかり音を出すようにした後だと、ボウイングが安定する。
 ベートーベンのロマンスOp.40を少し譜読み。重音が難しいのよね~。指が皆目分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

ヴァイオリンの練習など

 相変わらずレッスンの魔笛とセレナーデ、後はカノンを美しく、より美しく間違えずに弾くようにする。
 後は、ヘンデルのソナタを少し弾いてみる。ヒロ・クロサキは結局、崩して弾いているだけのような気もするので、気にしないで譜面通りに弾くようにする。

 夜、N響アワーをながら観。こうしてみるとヴィオラ首席の店村さんは普通な感じなのに、どうしてCDのジャケットだと妖怪のようになるのだろう。(顔はデカいけど・・・笑)だけど、私服のセンスはさすがイタリア帰りだなー(誉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

ヴァイオリンの練習など

 モーツァルトの魔笛、ハイドンのセレナーデ、パッヘルベルのカノンなどたらたらと。
 午後から県立図書館
プロコフィエフ 弦楽四重奏曲 第1番 第2番 2つのヴァイオリンのためのソナタ
ドヴォルザーク大全集 7
ベルリオーズ 交響曲 イタリアのハロルド
チャイコフスキー バレエ「眠りの森の美女」全曲 作品66
ドヴォルザーク弦楽四重奏曲全集 ③
バシュメット アルペジオーネ・ソナタ/シューベルト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

Lesson 34

 ヴァイオリンのレッスン34回目。

・スケール/エクササイズ
 E線上で1ポジのまま小指でCを取るのが難しい。
 A線上のHの音程は良くなったがE線上のFは少し怪しい。H-C-F-Gの繰り返しで感覚を体で覚える。
 ときどき姿勢を矯正されているが、今日は肩あてがもう少し肩に乗った方が安定すると言われる。

・モーツァルトの魔笛
 引き続きセコバイ。師匠とデュエットしてみるが、後半はメタメタになってくる。
 聞き過ぎるのが悪いのかなぁ~。聞かないと一緒に音楽を奏でているという一体感がないし、むずかしいなぁ。

・ハイドンのセレナード
 音程は殆ど問題ないレベルになってきた。
 pの所は、先半弓で弓先まで使わないとpにならない。
 スラー・タイの所は弓を止めるくらいで。
 付点八分音符と十六分音符のスラーは弓を3/4、1/4に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

ヴァイオリンの練習など

 今日は殆どヴァイオリンだけ。
 テキストのモーツァルトとハイドン。
 アンサンブルでやっているパッヘルベルのカノンのヴァイオリンのパートを綺麗に弾けるようにさらってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラの練習など

 午前中、シベリウスのロンドとブリッジのロマンス。
 午後から初心者アンサンブル。アンサンブルは殆どが個人練習で、合わせる時間が少ない。こんなんでいいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/06

Lesson 33

 ヴァイオリンのレッスン33回目

・C-durのスケール
 E線でA,H,C,A,H,Cを繰り返して、小指をCまで伸ばす練習。

・ハイドンのセレナーデ

・魔笛
 セコバイを弾かされる。
 3の指でG線を押さえたまま、2の指でD線を押さえること。(くぐらせるってヤツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

ヴィオラの練習など

 夕べ帰りが遅かったのと寝酒を少し飲み過ぎたので調子出ず。
 午睡の後、ヴィオラは少しだけ。曲を弾かなくても時間がある限り練習しといた方がいいので、クロイツェルの代わりにモーツァルトで指の練習。
 後は、ヴァイオリンでレッスンの曲を一通り弾いておく。

 思ったのだが、カルテットとかトリオをやる前に、オケで腕を磨いておくというのもアリかな。というより、いきなりよりは、その方が良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の収穫

昨日、県立図書館で借りてきたCD。

エマーソンカルテットによるショスタコーヴィチの弦楽四重奏全集前半
ハーゲンカルテットによるヤナーチェクの弦楽四重奏曲
ベルチャカルテットによるブリテンの弦楽四重奏全集
ドボルザーク大全集から弦楽四重奏~六重奏
ヨーヨー・マでベートーベンチェロ曲集
メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲後半

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散財の記録[楽譜編]

昨日衝動(でもないけど)買いした楽譜。

・カリヴォダの『6つのノクターン』
・シューマンの『童話の情景』
・グラズノフの『エレジー』
・リゲティの『無伴奏ヴィオラソナタ』これは一生かかっても弾けそうにない
・ベートーベンの『モーツァルトの主題による7つの変奏曲(ヴィオラ編曲版)』
・ベートーベンの『ロマンス(ヴィオラ編曲版)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散財の記録[CD編]

昨日衝動買いしたCD。

クルターグのサイン
ヴィオラはコンセルトへボウ首席の波木井賢。

同じくクルターグの弦楽四重奏曲集。ケラー・カルテット。

リゲティの弦楽四重奏曲。アルテミス・カルテット。リューベック音楽大学在学中に結成したカルテットで、若手の有望格とか。

 偉大なるヴィオラ奏者、ライオネル・ターティスの弟子にして作曲家レベッカ・クラーク、パメラ・ハリソンなどのヴィオラ曲アンソロジー
 ヴィオラのHelen Callusは初めて聞くが、柔らかい音色の楽器でレベッカ・クラークのソナタや小品が素晴らしい。ええ曲や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

ヴィオラの練習など

 弾かないといけない課題曲が溜まっていく一方の気配がするので簡単そうな所から片付けることにする。

 シベリウスのロンドを集中的に。
 半分くらいは弾けてる?

 午後から外出。
 まずは桜木町の図書館、続いて歩いて横浜のヤマハへ。その後、アカデミア・ミュージックへ足を伸ばし、楽譜をあれこれ買い込む。
 帰りついでに新宿のHMV、タワーレコードに寄ってついつい衝動買い。
 夜は寄り合い。深夜帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »