« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の12件の記事

2008/04/26

欲しかったCD

こないだHMVで注文したけど在庫無しでした。
Amazonではどうでしょう?

ヴァスクス 弦楽四重奏曲2番3番

ミケーレ・ダッロンガロ 弦楽四重奏曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃんの命は0.5人分? ~瀬尾佳美准教授

 どうも青学にはトンデモ教師がいるらしい。
 「人権派」弁護団も酷いが、これは酷い。知性のかけらも感じられない。これで准教授とは・・・

「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪
2008.4.26 00:39

このニュースのトピックス:橋下府政
 青山学院大学(伊藤定良学長、東京都渋谷区)は25日、同大学の教員が個人HP(ホームページ)に記した記述が不適切だったとして、学長名義での謝罪文を大学HPに掲載した。

 問題となった記述は、国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学)の個人HP内のもの。この中で「私は死刑廃止論者ではない」としつつも「少年に対する死刑には原則反対」と主張、山口県光市の母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員の被告(27)=犯行当時(18)=に死刑を科すのは重すぎるとして、「最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開した。

 さらに、被告弁護団に対する懲戒処分請求を呼びかけた現・大阪府知事の橋下徹弁護士について「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」と述べたり、差し戻した最高裁の判事の妻について「おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」などと書き、ネット上で批判の声が上がっていた。

 この騒動を受け、伊藤学長は「当該教員の記述は適切でなく、また関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしたことはまことに遺憾であり、ここに深くお詫び申し上げます」と謝罪、「今後このようなことが繰り返されることのないよう努めてまいります」とする声明を大学HPに掲載した。

 この人、北朝鮮拉致被害者の会の会長だった横田夫妻のことを、
「拉致被害者 横田夫妻について
私は子供をなくした経験がありますが、 「めぐみちゃん」はちゃんと育って、結婚までして、あまつさえ子供まで儲けています。

私の目から見ると信じられないくらい幸福です。

なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも「めぐみっちゃん」とか 不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ。」

とか書いてて、う~ん、お子さんを亡くされたのは同情するけど、ちょっとね~。

 ちなみに問題となったブログの記事はこういうもの(↓)
 まぁ、一般の個人だったらいくら稚拙な意見であれ容認されるだろうけど、青学の准教授ともあろうお方がこれでは・・・
 この方、この一件だけでなく今までもトンデモ発言で2ch住人などの反感を買っていたようだから、ついに沸騰点に達したということでしょう。
 トンデモな御仁だから今回の件で反省するどころか、自分は被害者だと思ってるんでしょうな。


光市母子殺害事件:元少年に死刑は重すぎる
個人的なことを言うと私は死刑廃止論者ではない。だが、この事件で死刑を求める“国民運動”には違和感を超えて恐怖さえ覚える。日本中で起こっている(犯人を)殺せ殺せの大合唱は戦慄以外のものではない。20日の本村洋氏の意見陳述も、「死ね」という以外のメッセージは何もなく、同情はするが共感はしない。

光市の事件に死刑は重い

 繰り返すが私は死刑廃止論者ではない。麻原なんかさっさと首絞めたらいいと思っている。だが、光市の事件に関しては死刑は重すぎるように思えてならない。犯人が少年だからだ。私は少年に対する死刑には原則反対だ。理由は日本では18歳になっても選挙権がないから。選挙権もないのに、義務だけあるのは気に入らない。年金の掛け金を何千万も横領している公務員がなんのお咎めもない一方で、いくら重大犯罪人だといっても子供を死刑にするのは私の「正義感」には合わない。もちろん、だからといって何をしてもいい訳ではないが、国が死刑という形で犯す殺人には、熟慮が必要だと思うのである。最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ(まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので、傷害致死の可能性は捨てきれないと思っている)。一審、二審の判断は、相場から言えば妥当なところではなかったろうか。

弁護団をカルト視する日本の大衆

光市の弁護団批判でよく言われることの一つに「弁護団は死刑廃止の道具としてこの事件を利用している」という主張がある。だが、今回の弁護団は事実関係で争っており、このことと彼らが死刑廃止論者であることは分けて考えるべきであろう。実際弁護団の主張は必ずしも荒唐無稽のものではないし、あとで述べるように主張を「翻した」という批判もあたらない。死刑廃止論者ではない私にも、弁護団の主張とストラテジーは理解可能である(効果的とは思わないけどね)。

→ 家
 
 ところで、日本では「死刑廃止論者」は少数派で、場合によっては宗教団体のように見るむきもある。だが、世界では、特に先進国といわれる国々では、死刑廃止のほうがメジャーである。多くの人が言っていることが正しいとは限らないが、これだけ世界の潮流が死刑廃止論を支持しているということは重く考えたほうがいい。少なくとも、「死刑廃止論者の言うことはなにからなにまで欺瞞なのだ」みたいな思考停止は、先進国人というより中国人に近いということは認識しておいたほうがよい。主張は誰が言ったかではなく、つねに内容を吟味して評価すべきなのだ。 

橋下の扇動

今回最も違和感があるのは、ワイドショーを通じた弁護士の扇動である。この弁護士、テレビを通じて弁護人の懲戒請求を出すように視聴者に求めたらしい。結果、今では、出力して署名さえすれば簡単に懲戒請求ができるウエブサイトまで登場し、“義憤に駆られた”視聴者が4000人くらいこれに応じている。もっともこの弁護士は、「何万、何十万という形で、あの21人の弁護士の懲戒請求を立ててもらいたい。(弁護士会は)2件3件(の懲戒請求が)来たって大あわてになる。1万、2万とか10万人くらい、この番組を見ている人が一斉に弁護士会に行って懲戒請求をかけてくださったら(後略)」と、10万人を目標にして扇動しているのに、わずか数千人しか応じなかったのだから日本人もあなかち捨てたものではない。

→笑える馬鹿者(懲戒請求を署名運動と間違えて5部郵送ーー;)

お詫びを書いた後のブログには、


が、これはわたくしの個人的な意見を表明したもので、学生には関係ありません。
学生への迷惑行為に関しましては何卒ご容赦をお願いします。
本体のほうに謝罪文が掲載されています。

追記:

ところで、本日付の毎日(夕刊)に私の記事が出ています。が、よくこんなものを書くと思います。

私は25日には学長にはお目にかかっておりません。それどころか私は今のところ学長と面識がないです。

この日は一日授業があり、授業後はゼミ生と夏合宿の打ち合わせをして帰宅しています。もちろん注意をうけた事実もないです。

書き方は悪かったと反省しておりますが、私は幼児を0.5と数えたわけではありません。もともとの記事を注意深く読んでいただければわかりますが、乳児については、殺人ではなく傷害致死の可能性を指摘しただけのことです。もし私が学長にお目にかかっておれば、当然ご説明をしたはずですので、このような発言を学長がなさるはずがない。新聞ってこんななのでしょうか。

書いてますが、「傷害致死の可能性を指摘しただけ」って・・・書き方が悪いからそう受け取られてないんでしょうが・・・。この文章だって、まったく反省していない、開き直りとしか読めないし、火に油を注いでるし。いや確かにもともとの趣旨はそれほど的はずれなことは言っていないんですが(俺の意見とは正反対だけど)、レトリックがメチャクチャ。
 空気読めない(共感能力がない)から反感買うことしか言えないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

犯人は中国人

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/139530/

野村証券を強制調査 30歳中国籍社員にインサイダー取引容疑

 野村証券(東京都中央区)社員のインサイダー取引疑惑で、証券取引等監視委員会は22日午前、金融商品取引法(旧証券取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで、野村証券企業情報部などの強制調査を始めた。中国籍の社員が業務を通じて知った企業のM&A(合併・買収)情報を悪用してインサイダー取引をしていた疑いが持たれている。

 疑惑が持たれているのは、現在は香港に赴任している中国籍の男性社員(30)。昨年12月まで東京本社に勤務し、M&Aなどを扱う企業情報部に所属していた。
 関係者によると、男性社員は平成17年ごろから昨年末までの間、業務を通じて企業のM&AやTOB(株式公開買い付け)情報を入手。知人の中国人男性(37)と弟(25)に売買を指示し、公表前に株を購入。公表後に高値で売り抜け、3人が得た不正利益は計4000万円程度に上るという。

 不正な売買をした銘柄は東証1部上場企業を中心に約20銘柄にのぼるとみられる。製紙業界最大手の王子製紙が18年7月、北越製紙への敵対的TOBの情報も事前に入手し、北越製紙株などを買い付け、売り抜けて不正な利益を得ていた。

 社員の男は10年以上前に来日。留学した京大を卒業後、民間会社を経て野村証券に転職していた。

 どうも、この男は最初っからインサイダーやるつもりで野村に入社した疑いもあるみたいで、ただでさえオリンピック~チベット問題で中国がやり玉にあがってるのに、さらに中国人の評判が落ちちゃうよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

<聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上

 北京五輪聖火リレーの国内唯一の開催地、長野市で26日に行われる聖火リレーで、出発・点火式が予定されていた善光寺は18日、出発地点を返上することを市リレー実行委員会に申し入れた。理由について、「チベット人権問題」が一因であることを明らかにした。実行委もこれを受け入れ、コース(全長18.5キロ)のうちスタート地点などを変更することを決めた。一両日中にも新たなコースを公表する。開催まで約1週間に迫った時点で、実施計画の主要部分が変更されることになった。【藤原章博、福田智沙】 

 18日会見した善光寺は、「文化財と一般信者を守る安全上の責任がある」と述べたうえで、中国のチベットへの「弾圧」について触れ「五輪憲章は人種や宗教、イデオロギーを超えた平等の理念がある憲章だと考えている。宗教(仏教)の寺として信者の声をくんだ」と述べた。

 チベットで弾圧を繰り返す中国政府が政権と共産党の権威を誇示し自らの政策を正当化するために行おうとしているオリンピック・聖火リレーという名の国威掲揚にお寺が荷担するのはどうかと思っていたが、当たり前とはいえ善光寺がノーと言ったことは高く評価したい。
 北京オリンピックをボイコットしても何の解決にもならないし、ボイコットしろと言うつもりもないが、聖火リレーなど世界中の人々に祝福されてこそ意味があるのに、自らの非をまったく認めようとせず成功したと言い張る中国のやり方は醜悪だ。
 そもそも北京でオリンピックを開催することを決めた時点で、このような事態は予想できたわけで、被害者のような顔をしているIOCにも責任があるだろう。中国でオリンピックをやるなど百年早すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

Lesson 46

ヴァイオリンのレッスン46回目

今回からサード・ポジション。

「Sunrise Sunset」(屋根の上のヴァイオリン弾き)
E線のF♭はA線のBよりもかなり低い。
この曲は今日で終わり。次回からは「ああ、いとしいお父様」。

先生も産休に入るので交代。今日でおしまい。
腱鞘炎で音大あきらめて、それでも音楽の道をあきらめきれずに海外短期留学したりした
苦労人で、けっこう相性がよかったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

民主党内に「民主主義ない」=町村官房長官

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000046-jij-pol

民主党内に「民主主義ない」=町村官房長官
4月9日13時2分配信 時事通信

 町村信孝官房長官は9日午前の記者会見で、渡辺博史前財務省財務官を日銀副総裁に起用する人事案が民主党の反対で不同意となったことについて「民主党の同意人事検討小委員会では多くが賛成していたのに、党内民主主義はないのかと言いたくなる。誠に複雑怪奇な政党だ」と厳しく批判した。
 また、民主党が不同意の理由に、天下り廃止と「財政と金融の分離」を挙げたことについて「全くナンセンスだ。根底には政局、選挙第一主義がある」と指摘。結果的に同党の出方を見誤ったことに関しては「(ある幹部が)白と言えば(別の幹部が)黒という人間関係があるようだから、いつまでたっても見極められない」と語った。 


 どうやら、小沢代表が財務省出身者は一切公職に就くべきではないと言ってるようだ。
 例え最適任であろうと有為の人材であっても財務省に籍を置いた人間が、日銀などの職に就くのはまかりならんらしい。
 そもそも、金融・財政の専門家は学界・財務省含む省庁・日銀含む金融界に殆どがいるだろうから、人材の1/3を無条件に切り捨てることになる。正気の沙汰とは思えない。「天下り反対」と言っていれば大衆は納得すると思っているのならば、これほど我々を愚弄する話はない。
 小沢は政局のことしか考えていない。自分の政策などなく国民のことなどどうでもよく、政権を取るためにコロコロと態度を変える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

散在の記録[CD編]

追加でクロノス・クァルテットのCDを購入。

ヴァスクスの弦楽四重奏4番

フェルドマンのピアノと弦楽四重奏
 ピアノが高橋アキという超豪華メンバー。もっとも高橋アキは現代曲の第一人者だし、フェルドマン弾きでもあるから必然的な組み合わせと言うべきか。

 こちらはクロノスではないが、Keller Quartetで「フーガの技法」。
 迂闊にも「フーガの技法」はオルガン曲か何かかと思っていた。
 チェンバロを想定していたとか諸説あるが、バッハの自筆譜では楽器の指定がないのをいいことに、様々な楽器で演奏されているらしい。元々が四声なので弦楽四重奏にはうってつけらしい。
 古楽にも似た心地よい調べ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lesson 45

ヴァイオリンのレッスン45回目

 「ます」・・・あれ?前回でおしまいでしたっけ?

 「はぐれそうな天使」
 裏拍で四分音符を引き続ける所が難しい。
 二拍を三連符で引く所が難しい。
 でも今回でおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

クロノス・クァルテット

 クロノス・クァルテット。十数年前、結構聴いたし実演も聴きに行ってるけど、これも長年ブランクで聴いてなかったので取り出して少し聴いてみる。
 クロノスは80年代に名声を博し、それ以降の弦楽四重奏ブーム?に大きく貢献している。結成して既に30年を越え、1stVnのハリントンには孫がいるとか。

 現代音楽を専門としたり、クロノスをコピーしたようなカルテットは幾つもできたけど、選曲のバランスやらセンスの良さは未だに他のカルテットには真似できないのではなかろうか。
 偏狭な現代音楽とは一線を画し、かつポピュリズムに堕した(?)フュージョン系とも無縁で、これこそが現代のクラシック音楽の本流だという気がしている。あるいは僕の方がずれてるだけか。むしろ、クラシックの壁を越えた地平にいると言った方が良いのかも知れない。(ヨーロッパが「現代音楽」だとするとアメリカのカルテットはクロノスのような硬派であってもボーダーレス、ノンジャンルと言った方がふさわしい。)

そんな訳で、ここ10年の間に発売されたクロノスのアルバムをHMVで購入。

吠える
輸入版なら入手可能
 歌え歌えエドガー・フーバーやら、アレン・ギンズバーグの詩に曲をつけた、ある意味メッセージ色が強いアルバム。
 おととしあたりのコンサートだかで(イラク戦争に反対して)アンコールに「星条旗よ永遠なれ」(ジミヘン風にアレンジしたもの)を演奏して、共和党員が皆席を立ったというエピソードでもリベラルの反骨ぶりが滲み出ている。

アーリー・ミュージック
輸入版なら入手可能
 クロノスはてっきり20世紀の曲しかやらないのかと思っていた。せいぜいベルク、ウェーベルンあたりかと。
 しかし古楽を弾かせても結構やるじゃないですか。
 とはいえ単なる古楽ではない。ダウランドやパーセルに加えてペルトやジョン・ケージの静謐な宗教的な曲を散りばめている。

ゴリホフのオセアナ。
クロノスはテネブラエを演奏している。

フィリップ・グラスの弦楽四重奏2~5番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

ヴィオラの練習など

 ピアノ・カルテットを首になったり少しモチベーションが下がり気味だったが、少し弾いてみるとそんな事は忘れて、やっぱり弾くのが楽しい。

 ヴィオラで、ハフナー、フィガロを少しさらう。
 ついでにクラークのララバイとI'll Bid My Herart Be Still(我心依然)。弾いてるうちに右手も左手も筋力が付いたのかなかなか迫力がある?音が出るようになってきた。
 2オクターブ上のハーモニクスはようやく指の位置が分かった。今までは位置がずれてたから綺麗な音がでなかったのね。

 ヴァイオリンでレッスンの曲も少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経済に大打撃を与える自民・民主の戦略、理念なき抗争

日本経済に大打撃を与える自民・民主の戦略、理念なき抗争=田原総一朗(ジャーナリスト)2008年4月3日 リベラルタイム

 日本銀行総裁後任人事で、武藤敏郎副総裁の昇格、田波耕治国際協力銀行総裁の就任を拒否された自民党が困ったのは、民主党の交渉相手が最後まで見つからなかったことだ。いや、交渉相手がいないことすら知らなかったといっていいだろう。
「いったい、誰と日銀総裁人事案を話し合えばいいのかがまったく見えなかった」というのが自民党幹部の感想である。大島理森(自民党国会対策委員長)さんは、山岡賢次(民主党国会対策委員長)さんと懸命に交渉するそぶりを見せたが、山岡さんには何の決定権もなかった。以前は、山岡さんが小沢一郎民主党代表に相談して決めていたが、いまでは小沢さんに決定権がなくなってしまった。民主党の反小沢派が「日銀次期総裁は武藤さん等の財務省事務次官OBでは反対」ということだけで一致していたからである。参議院では民主党中心の野党が多数派であるから、武藤氏昇格でいいという正当な論理があっても、与党がその人事を押し通せないことは、はっきりしている。にもかかわらず、自民党を中心の与党は、何の戦略もなく、政府案を提示した。そして、素人目にも明らかなように、武藤、田波人事案は不同意となった。これが政治というもので、人事案が正当か否かという問題ではないということを自民党は忘れてしまっているようだ。まるで、好きなように校庭を走り回るだだっ子の論理ではないか。
 恐らくこれは今後も永田町で繰り広げられるに違いない。道路特定財源制度改革関連三法案、揮発油税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案を民主党はまとめない方向に持っていくだろう。それ以外に民主党は何の戦略も持っていないからである。
 民主党は常に「ノー、ノー」といい続けて結論を出さない。一方で、世論の動向には敏感になるだろう。
当初の日銀総裁人事案を、正当な論拠もなく、否定したにもかかわらず、世論は民主党に対してさほど批判的ではなかった。朝日新聞、読売新聞、毎日新聞は「武藤総裁でいい」といった記事を書いていたにもかかわらず、武藤案が不同意になると、矛先は福田(康夫総理)さんに向かい、福田批判を始めた。「我々は武藤案を肯定したのに民主党はおかしい」といった記事を新聞が掲載すれば、状況は変わったかもしれない。
 執筆時点の感触では民主党は世論は意外に甘いということで、まともに審議をせずに、年度末(三月末)まで国会を引っ張る。当然、法案審議は四月にずれ込むから、ガソリンは一度は一・二十五円下がる。そのあと、与党は租税特別措置法改正案を衆議院で再可決するだろう。サブプライム問題によって、世界経済、日本経済は大混乱しているが、もうひとつそれに拍車をかける大問題がある。オフショア市場の利子非課税措置法が三月末に期限切れを迎えるのだ。この結果は、本誌の発行時点では明らかだが、そうなっていれば、日本の金融、経済はさらに大混乱となっているだろう。
 自民党、民主党の戦略、理念なき対立が続けば、さらに日本経済に大打撃を与えるといっておく。
リベラルタイム5月号「this Month!」

 いや本当に。民主党内はてんでバラバラで政党の体を成していない。ただ反対するしか無いのだろう。
 参院選で過半数を取ってしまったのがいけない。
 かく言う俺も参院選では民主党に入れてしまった。安倍政権が余りにだらしなかったからだ。
 しかし、こんなアホ達には二度と投票しない。国民は舐められている。見識がある党員もとっとと離党しろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

Lesson 44

 ヴァイオリンのレッスン44回目

 Fのコード。3つずつ区切って、指の位置関係を体に覚えさせる。

 「ます」
 ポジション移動がぎごちなかったり、またまた駒そばで弾くように注意されたり。
 まぁ3週間くらいヴァイオリンを弾いてなかったから仕方ない。譜読みとかで忙しかったからね。

 「はぐれそうな天使」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »