« Lesson 46 | トップページ | 犯人は中国人 »

2008/04/19

<聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上

 北京五輪聖火リレーの国内唯一の開催地、長野市で26日に行われる聖火リレーで、出発・点火式が予定されていた善光寺は18日、出発地点を返上することを市リレー実行委員会に申し入れた。理由について、「チベット人権問題」が一因であることを明らかにした。実行委もこれを受け入れ、コース(全長18.5キロ)のうちスタート地点などを変更することを決めた。一両日中にも新たなコースを公表する。開催まで約1週間に迫った時点で、実施計画の主要部分が変更されることになった。【藤原章博、福田智沙】 

 18日会見した善光寺は、「文化財と一般信者を守る安全上の責任がある」と述べたうえで、中国のチベットへの「弾圧」について触れ「五輪憲章は人種や宗教、イデオロギーを超えた平等の理念がある憲章だと考えている。宗教(仏教)の寺として信者の声をくんだ」と述べた。

 チベットで弾圧を繰り返す中国政府が政権と共産党の権威を誇示し自らの政策を正当化するために行おうとしているオリンピック・聖火リレーという名の国威掲揚にお寺が荷担するのはどうかと思っていたが、当たり前とはいえ善光寺がノーと言ったことは高く評価したい。
 北京オリンピックをボイコットしても何の解決にもならないし、ボイコットしろと言うつもりもないが、聖火リレーなど世界中の人々に祝福されてこそ意味があるのに、自らの非をまったく認めようとせず成功したと言い張る中国のやり方は醜悪だ。
 そもそも北京でオリンピックを開催することを決めた時点で、このような事態は予想できたわけで、被害者のような顔をしているIOCにも責任があるだろう。中国でオリンピックをやるなど百年早すぎる。

|

« Lesson 46 | トップページ | 犯人は中国人 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/40920801

この記事へのトラックバック一覧です: <聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上:

« Lesson 46 | トップページ | 犯人は中国人 »