« <聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上 | トップページ | 赤ちゃんの命は0.5人分? ~瀬尾佳美准教授 »

2008/04/24

犯人は中国人

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/139530/

野村証券を強制調査 30歳中国籍社員にインサイダー取引容疑

 野村証券(東京都中央区)社員のインサイダー取引疑惑で、証券取引等監視委員会は22日午前、金融商品取引法(旧証券取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで、野村証券企業情報部などの強制調査を始めた。中国籍の社員が業務を通じて知った企業のM&A(合併・買収)情報を悪用してインサイダー取引をしていた疑いが持たれている。

 疑惑が持たれているのは、現在は香港に赴任している中国籍の男性社員(30)。昨年12月まで東京本社に勤務し、M&Aなどを扱う企業情報部に所属していた。
 関係者によると、男性社員は平成17年ごろから昨年末までの間、業務を通じて企業のM&AやTOB(株式公開買い付け)情報を入手。知人の中国人男性(37)と弟(25)に売買を指示し、公表前に株を購入。公表後に高値で売り抜け、3人が得た不正利益は計4000万円程度に上るという。

 不正な売買をした銘柄は東証1部上場企業を中心に約20銘柄にのぼるとみられる。製紙業界最大手の王子製紙が18年7月、北越製紙への敵対的TOBの情報も事前に入手し、北越製紙株などを買い付け、売り抜けて不正な利益を得ていた。

 社員の男は10年以上前に来日。留学した京大を卒業後、民間会社を経て野村証券に転職していた。

 どうも、この男は最初っからインサイダーやるつもりで野村に入社した疑いもあるみたいで、ただでさえオリンピック~チベット問題で中国がやり玉にあがってるのに、さらに中国人の評判が落ちちゃうよね。

|

« <聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上 | トップページ | 赤ちゃんの命は0.5人分? ~瀬尾佳美准教授 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/40978577

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人は中国人:

« <聖火リレー>長野コース変更 善光寺、出発地返上 | トップページ | 赤ちゃんの命は0.5人分? ~瀬尾佳美准教授 »