« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の10件の記事

2008/05/28

ヴィオラスペース 第一夜

 コンサート初日。
 こういう音楽祭的なものは初めてなので、出演者がロビーや客席や会場周辺を徘徊してたり皇太子がうろついてたりするのはどうも変な感じがする。

プレコンサート
ブリテン:弦楽四重奏曲第2番
 とりあえず昨日のマスタークラスまでの成果は如何に?
 個人的にはブリテンは1番の方が好き。

ジェイコブ:8つのヴィオラのための組曲。
 このイベントの幕開けにふさわしいヴィオラの妙なる響きの8重奏。
スゴく綺麗な曲。今日一番の収穫。
 それにしても、「菅沼準二と若手奏者」って・・・在京オケの首席クラスが一括りに「若手」にされてしまう所が恐ろしい。まぁ御大にしてみればみんな若造なんでしょうが。

リゲティ:無伴奏ソナタ
 この曲は微分音が出て来たり、重音のハーモニクスの連続があったりする難曲。
4楽章が終わると、付けていたミュートを投げ捨てるパフォーマンス。
確かに連続して演奏した方が緊張感が持続するし、ミュートをしまう時間もないけど。 (注)

ガース・ノックス:ヨナとクジラ
 前衛色の強いパフォーマンス。何しろチューバとヴィオラの二重奏なんて普通ありえない。チューバは息を吹く音や声を入れたり叩いたり。管楽器でもこういう奏法があるんだ。これ以上は説明できません。

ここまで前半は現代系。後半はなぜかブラームス二曲。

ブラームス:ソナタ
 これだけは名古屋のプログラムとダブるんですが。今日は一段と気合いが入っているようでした。

ブラームス:クラリネットソナタ
 この曲も土曜に聴いたばかりなんですが。先日のはみずみずしく青く若い果実ならば今日のは甘く柔らかく香り高く熟したバナナとでも言おうか。(どちらも好きだけど)
 こういうのはやはり年の功なのでしょう。

(注)後で楽譜を確認したところattaccaでした。ミュートを仕舞う時間がないので、こうせざるを得ないのかと。

本日のプログラム
<第一夜>「ヴィオラの妙なる響き」 

♪18:30よりプレ・コンサート 
◇ブリテン:弦楽四重奏曲 第2番 ハ長調 op.36
  植村太郎/佐橘まどか(ヴァイオリン) 原 麻理子(ヴィオラ) 宮田 大(チェロ)

◆ジェイコブ:8本のヴィオラのための組曲 
  菅沼準二/安藤裕子/大島 亮/小峰航一/阪本奈津子/篠崎友美/瀧本麻衣子/原 裕子(ヴィオラ)

◆ノックス:「ヨナとくじら」  
  ガース・ノックス(ヴィオラ) 橋本晋哉(テューバ)

◆リゲティ:無伴奏ヴィオラソナタ  
  アントワン・タメスティ(ヴィオラ)

◆ブラームス:ヴィオラソナタ 第1番 ヘ短調 op.120-1
  店村眞積(ヴィオラ) 野平一郎(ピアノ) 

◆ブラームス:ヴィオラ三重奏曲 イ短調 op.114 
  今井信子(ヴィオラ) アントニオ・メネセス(チェロ) 野平一郎(ピアノ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

ヴィオラスペース マスタークラス

 サバティカル休暇。というのか、勤続ン年ごとに貰える休暇で今週はお休みを頂く。どこぞの外資系のように丸々1ヶ月休める訳でもないし、毎年有給休暇を大量に残しているので余り有り難みはないけど。

 んな訳で、昨日今日とヴィオラスペースのテレマン連続演奏会と公開マスタークラスを聴きに行く。
 テレマンは「12のファンタジー」を2曲ずつ2日に渡って6人で弾くという企画で、昨日はまだ在学中の若手、今日は既にプロとして活躍している演奏家。分けて弾くと結構、個性というか差が見えちゃうので、弾く方にしたらかえってしんどいかも知れない。
 マスタークラスは、ガース・ノックス(この人、アンサンブル・アンテルコンテンポランやアルディッティカルテットにいた人だ)講師でブリテンのカルテット2番がいかにも難解な曲をどのように解釈していくかが面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

山田那央リサイタル

 藤沢まで湘南のヴィオラ弾き山田那央嬢のリサイタルへ。
 ヴィオラスペースにぶつけてくるとは良い根性や。まぁ会場の手配の都合とかもあるのだろうけど。

 ミヨーは音源が乏しいので初めて聴くけど、ミヨー節ですね。クラークも実演で聴くのは初めて。
 彼女は去年ドイツ留学から帰ってきたばかりで、演奏は若々しいというか、今日のプログラムはとにかく好きな曲を並べたと言っていたけど、そういう若さがうらやましい。今後のさらなる成長を期待しましょう。
 のだめには収録もオケも参加してて、のだめオケ聴きに来た聴衆が音楽を楽しんでいる様子を見て、そういう普段クラシックを聴かない人にクラシックを(ヴィオラも)聴いて欲しい、聴かせるようなコンサートがやりたいと言っていた。
そう言えば奥村愛バンド(?)でも弾いてましたっけ。
 アンコールのピアソラでは、お召し物に合わせたのか曲に合わせたのか、さりげなく情熱の赤い色の毛の弓を使ってお洒落ですた。


プログラム
 フンメル:モーツァルトのドン・ジョバンニから「恋人を慰めて」の主題による幻想曲
 ミヨー:ヴィオラソナタNo.1
 クラーク:ヴィオラソナタ
 ブラームス:クラリネットトリオ op.114 (Viola&Cello&Piano)
Encore
 浜辺の歌
 ピアソラ:リベル・タンゴ

山田那央(Va)、鈴木慎崇(Pf)、中実穂(Vc)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

ヴィオラスペース2008 in 名古屋

 夢のような悪夢のような一週間の始まり。

ということで、ヴィオラスペース2008 in 名古屋 行って参りました。

 名古屋は十数年前に伊勢参りの折りにトランジットしたきり。のぞみにも初めて乗りました。のんびり観光でもできれば良かったのだけど、午後から休みを取ったはずなのに解放されたのは3時、観光は来年に持ち越し
 それにしても、名古屋は駅にあるのが立ち食い蕎麦ならぬ立ち食いきしめんなのね。そういえば以前も近鉄の駅構内できしめんを食べたような気が…

 それはさておき、今日のプログラムはモーツァルト、レーガー、ブラームスというスタンダード曲ながら、今井信子、店村眞積の両巨匠に加えてPfが教祖野平一郎という超豪華な顔ぶれ

軽快なケーゲルシュタットに始まり、店村さんのヴィオラはニスも綺麗なコンテンポラリーのようだったけど、とても甘くて柔らかくて僕もあんな音を出したい

一転して今井さんのレーガーの無伴奏組曲は静まり返った会場に神秘的な音色が響き渡る。無から音が産まれ再び無に帰っていくような。やはり彼女は異色。彼女の音色は他の誰にも出せない。この世の音とは思えへんです。

ヴュータンのソナタは初めて聴くけどなかなかよい曲であった。
川本も余り聴いたことがなかったけど意外と悪くなかった。何にせよ食わず嫌いはいかんね。

予定されていたドルジーニンのデュオはメヌエットのみに変更。多忙なお二人ゆえ間に合わなかったのか?
代わりのロッラはこの二人なら朝飯前とも言える18番なのだろう。

最後は店村さんのブラームスで締め。
店村さんは全体的に力をセーブしてる気がしたが、明日も大阪で同じプログラムで来週は東京でと、最初から飛ばしっぱなしでは身がもたないだろう。

とは言え、どの曲も並みの水準ではなく遠路はるばる出かけた甲斐はあった。
このプログラム、東京でもやって欲しいのだが。

会場のしらかわホールは残響程良いシューボックスで、こんなホールでこんな豪華なコンサートが聴ける名古屋の人がうらやましい。


本日のプログラム

◆モーツァルト:ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラのための三重奏曲 変ホ長調 K.498「ケーゲルシュタット」 
  野平一郎(ピアノ) 島田真千子(ヴァイオリン) 店村眞積(ヴィオラ)

◆レーガー:無伴奏ヴィオラ組曲 第1番 ト短調 op.131d-1
  今井信子(ヴィオラ)

◆ヴュータン:ヴィオラソナタ 変ロ長調 op.36
  川本嘉子(ヴィオラ) 野平一郎(ピアノ)

◆ドルジーニン:2本のヴィオラのためのデュオ
  今井信子/店村眞積(ヴィオラ)

  曲目変更:
  2楽章メヌエットのみ+ロッラ:2つのヴィオラのための二重奏曲ヘ長調

◆ブラームス:ヴィオラソナタ 第1番 ヘ短調 op.120-1
  店村眞積(ヴィオラ) 野平一郎(ピアノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

散在の記録[CD編]

 アマゾンに発注していたCD届く。

 最初、HMVではメーカー在庫切れでいつまで立っても入荷しないのでキャンセルして、アマゾンに発注し直して3ヶ月かかって届いた。在庫切れでも時間をかければ手に入ることもあるんですね。粘りの勝利。

"The Passion of Bliss, Bowen and Bridge” ブリス、ボウエン、ブリッジのヴィオラ曲オムニバス。

収録曲は
ボウエン:「4つのヴィオラのためのファンタジー」
ブリッジ:「2つのヴィオラのためのラメント」
ボウエン:「G線のためのメロディ」
ボウエン:「ヴィオラとピアノのためのラプソディ」
ブリス:「ヴィオラとピアノフォルテのためのソナタ」

 ボウエンの「4つのヴィオラのためのファンタジー」は何年か前のヴィオラ・スペースで取り上げたと聞いて、一度聴いてみたかった。なにしろヴィオラのみの重奏は数が少ないしね。
 「2つのヴィオラのためのラメント」は『ヴィオラの饗宴 Vol.1』では、今井信子、深井碩章の両氏が弾いていた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

「問題発言」の瀬尾佳美・青学大准教授 検索キーワード1位に

http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/jcast-19844/1.htm
「問題発言」の瀬尾佳美・青学大准教授 検索キーワード1位に

2008年5月7日(水)17時19分配信 J-CASTニュース

光市母子殺害事件で「問題発言」をした青山学院大学の瀬尾佳美准教授の名前が、2008年4月22~28日の週のInfoseek検索キーワードランキングで「時事」の部の1位になった。

瀬尾准教授は、「元少年が殺されれば遺族は幸せ」などと自身のブログで発言しネット上で大きな非難を浴びていたことが理由とみられる。

また、4月22日に差し戻し控訴審の判決があった「光市母子殺害」が2位に入った。3位は、世界各地で妨害行為が相次ぐ中で同26日に行われた「長野聖火リレー」だった。


まぁ、結構広まってきたね。
だけど、まだ知らない人もいるみたいだし、もっと多くの人に知ってもらいたい。
そして、この人が大学の准教授のままでいいのか良く考えてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉兆・女将が問題発覚後、初めて謝罪「弁解の余地ない」

吉兆・女将が問題発覚後、初めて謝罪「弁解の余地ない」
5月7日12時55分配信 産経新聞

料理使いまわしの発覚から初めて報道陣の前に姿を現し、謝罪する湯木佐知子・船場吉兆社長=7日午前11時15分、大阪市中央区の船場吉兆本店(頼光和弘撮影)

 高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が料理の食べ残しを使い回していた問題で、女将の湯木佐知子社長(71)が7日、本店営業前に取材に応じ、「弁解の余地なく、手前どものモラルの問題と受け止めて猛省しています。(湯木正徳)前社長の『もったいない』という指導の流れが今回の事件につながった。大変申し訳ございません」と問題発覚後、初めて謝罪した。

 自身が使い回しを認識していたかについては、牛肉の偽装表示事件で大阪府警から事情聴取を受けた今年3月ごろに「初めて知って、びっくりした」と説明。「調理場に料理が下げられた後は私の認識する余地はなかった」と釈明した。

 そのうえで「今になって考えれば本当にむちゃくちゃなことをしてくれたと反省の気持ち。恥ずかしいと思っている。私がお客さまの立場なら絶対に許せないこと」と深く頭を下げた。

 このオバハンも瀬尾佳美と同じで謝罪の言葉を口にしながら全然反省してないのがミエミエ。
 だけど報道陣の前で謝罪するだけまだマシか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

瀬尾佳美と奨学金

くだんの青山学院大准教授の瀬尾佳美という人、ツッコミどころ満載なのだけど、奨学金について少し書いてみる。

まずは瀬尾氏の発言から

【瀬尾のブログより】
私としては、女子学生に多額の奨学金を貸し出すのはなんとなく気が引ける。
光市の母子殺害事件の被害者みたいに、借りるだけ借りておいて、卒業したら間髪いれずに孕んでそのままぜんぜん働かず、
挙句の果てに平日の昼間から家でぶらぶらしていたため殺されちゃうなんてことになっては回収不能になるからだ。

【他の人のブログに瀬尾が書いたコメント】
被害者の夫によると、被害者女性は奨学金を受けていたらしいんですね。
夫は、「彼女がただ被害者としてだけ見られるのは耐えられない、
奨学金までもらって一生懸命勉強していた」と。で、気になるのは「返したのか?」
ということなんですけどね。奨学金をもらって勉強したら、その後社会に還元しようと
するのが普通なのに、この女性は卒業するかしないかで合コンにひっかかり
すぐ妊娠するわけで。産休あけも職探しもせずに平日の昼間からうちにいた。
だからこそ殺されたわけです。奨学金貰う人にはかように自覚がたりないんですよね。
というわけで奨学金の話を聞いていらい、心情的にはたいして同情できなくなったので
楽になりました。

【瀬尾のブログより】
ところで私は学生の奨学金審査をする場合、母親がセンギョーだと一点引きたくなります。
なかには「お母さんが専業なので金がない*」なんて言ってくる学生がいたりしますが、
逆。本当に金がなかったら専業なんて勿体無い時間の使い方はしませんよ。
ちゃんと働けば500万とか700万とか稼げるんですから。
お金があるからこそ専業主婦でいられるんですよ。あと「住宅ローンの支払いで
金がない」とか言ってくる奴も一点引きたくなりますーー;
子供の教育費がかかる時期にわざわざ身の丈にあわない家買う必要なんかないですから。
だからといって本当~~~に貧乏なのに、わざわざ金のかかる東京の私立大学なんかに
来て、奨学金で多額の借金をするってのもどーかと思いますがね。


 光市事件の被害者を「殺されて当然」と言うのは論外としても、疑問な点が随所に出てくる。
 青学の奨学金の目的や審査基準がどのようなものか知らないが、常識的に考えて瀬尾の意見は偏見に満ちている。
 そもそも返還を求めない給付奨学金の趣旨がどこにあるのか?昔の日本育英会のように教師になれば返済を免除するとかいう条件が一切無い給付であれば、卒業後専業主婦になろうがなるまいが関係ない。それを想定した上での奨学金だろう。瀬尾は奨学金審査に携わりながら恣意的に審査していた疑いがある。
 恐らくは、青学の給付奨学金は、就職するしないとは関係なく高い教養を備えた人を世に送るという考えでの奨学金だろうから(青学はプロテスタントだが、カトリックの学校の場合には、良き妻、良き母親となること、専業主婦となることがむしろ奨励されたりする)、瀬尾は奨学金審査に携わりながら趣旨を理解していない。
 審査に当たっての「母親が専業」はどの程度経済的に困窮しているかの尺度の一つとして肯けないこともないが、住宅ローンの話も含めて当然ながら審査基準に含まれているはずで、瀬尾がとやかく言うことではない。
 なんで専業主婦をこれほど憎んでいるのか知らないが、こんな人間を大学運営に携わらせてはいけない。
 こんな人に審査された学生さんはかわいそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

想像力の欠如 瀬尾佳美

 渦中の青山学院大学の准教授、瀬尾佳美という人物、肩書きと実名を載せてあれだけの暴言を吐いていれば世の反発と批判を浴びるであろうことは当然予期できたであろうに、批判を浴びてからの慌てふためきようを見るとまったく想定外だったようだ。
 ブログを読んで彼女に欠如しているのは共感能力かと思っていたが、どうも想像力が欠けているのかも知れない。だから、皮相的にしか物事を捉えられないでいる。暴言以前に彼女は本気であのような考えであり単に本音を漏らしてしまっただけのようだが、彼女の論は思慮浅く感情的で論理的ですらない。
 そのくせ自分は批判されるはずがないと思い込んでおり、だからこそ批判されると相手を子供だとか知恵遅れだとか罵倒しヒステリックな行動に走る。
 学究に必要なのものの一つは想像力であのだが、彼女はこの点でも教員として不適格であることを露呈している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

青山学院大学 准教授 瀬尾佳美

先日も取り上げたけど、まだ知らない人もいるようなので、瀬尾氏の暴言の一部を紹介してみる。

詳細はまとめサイト(http://www.wikihouse.com/seo/)参照のこと。

罷免要求署名活動はこちら→http://aogaku.campuscity.jp/bbs/common/b003978.html

【主な発言】
━━光市母子殺害事件関連━━
●少なくとも、「死刑廃止論者の言うことはなにからなにまで欺瞞なのだ」みたいな思考停止は、先進国人というより中国人に近いということは認識しておいたほうがよい。

●永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ(まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので、傷害致死の可能性は捨てきれないと思っている)。

●私としては、女子学生に多額の奨学金を貸し出すのはなんとなく気が引ける。光市の母子殺害事件の被害者みたいに、借りるだけ借りておいて、卒業したら間髪いれずに孕んでそのままぜんぜん働かず、挙句の果てに平日の昼間から家でぶらぶらしていたため殺されちゃうなんてことになっては回収不能になるからだ。

●いずれにしても、元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね。それだけは喜んであげたい。

●夏の夜なんかに、日比谷公園で絞首刑の執行。そのぶら下がった屍骸の前で、稲川順二の怖い話ライブなんて結構いいかもしれない。

━━経済と病気関連━━
●''国や地方からみてみれば、年収1500万円のエリート一人は、年収500万の15人分の価値があるということです。年収300万の人間にいたっては、100人束になってもたった一人の1500万にかないません。''(引用中略)(年収が)''300万''(の人は)''は食べ残しの皮と種

●あ~あ、死なない程度の病気になりたいな。健康で仕事ができるといやなことばかりが津波のようにおしよせてきます。病気で入院とかして生保もらってまったり過ごせたらどんなに幸せだろう。

●森永豚郎と慶応の金子ハゲル''(森永卓郎氏と金子勝氏の事か)・''暇人にとって「格差論争」のようなネタは開放同盟にとっての「差別落書き」と同じです。困った困ったと騒ぐために、適当なネタはなくてはならんのです。

━━拉致問題関連━━
●''拉致家族にしても私は軽い違和感を覚えます。私は子供をなくした経験がありますが、「めぐみちゃん」はちゃんと育って、結婚までして、あまつさえ子供まで儲けています。私の目から見ると信じられないくらい幸福です。なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも「めぐみっちゃん」とか不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ、とTVを見るたびに思います。'

●''民主党の弁護士議員に実に相応しい容疑。。。あんまり驚きはないですね。''(引用中略)(拉致被害者を10円に喩えて)''側溝に落とした10円拾うために、屈んで10万円もはいった財布を懐からまるごと落としてもかまわないんだみたいなことを言う奴を議員にしとくなんて国民の恥じですね。

━━特定地方への偏見に満ちた糾弾━━
●(本の寄贈を全国に呼びかけた矢祭町に対して)''なんかドロボーって感じ:福島県矢祭町''

●''大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか''

●(サイトに書き込みをしてきた人のIPを晒しつつ)''ブログなどを開設すると本当の身の程知らずの馬鹿(というか知恵遅れか?)がコメントしてくることがある(大学だけで生活していると流石にこういう本格的な負け組みには合わなくてすむ)。''(引用中略)''こういう人間を輩出するところはいかにも茨城。

━━違法行為━━
●''驚くべきはその燃費。なんと平均12.7 Km/L. 高速では180キロでふっとばし、地道では渋滞にまきこまれたのに、だ。学生時代に乗っていたトヨタの大衆車よりよほどいい。

━━子沢山女性議員━━
●''5人の頭の悪そうな子供と写っているオバハンの写真がキモイ。''(引用中略)''子供の数と母親の教育レベルについては、統計的に有意な負の相関があることが広く知られています。

━━その他━━
●''立会小のブラスバンド「星の子キッズ」が今日土曜日も早朝から騒音を撒き散らしている。近隣の迷惑を気にしない教育で育った子供はそのうち万引きをしたり泥棒をしたり殺人をしたり、「気にせず迷惑」をエスカレートさせてゆくだろう。''(引用中略)''公立の小学校は一つ前の時代には、国民の教育水準を上がるのにある程度の役割を果たした。だが、今となっては迷惑人間の発生源であり、税金無駄使いの温床だ。教員の質も高いとはいえず(なにしろ、愉快犯で迷惑行為をするくらいだ)生徒の質もそれについてくる(なにしろ給食費を払わないくらいだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »