« 今日の収穫 | トップページ | 金丸葉子 "シャコンヌの情景” ヴィオラによる200年の回顧 »

2008/08/30

Esther Apituley

 先月、何気なくNaxosに登録してみたら意外と良質のマイナーなCDが数多くあって図書館感覚で手当たり次第に聴いている。
 このアルバムもそこで見つけた。

 Esther ApituleyはAmazonの解説によると、キム・カシュカシャンやユーリ・バシュメットに匹敵するオランダのヴィオラ奏者とのこと。
 まぁ、それはちょっと褒めすぎのような気もするけど、この二枚のアルバムは意欲的かと。

Viola Voila
 今年のヴィオラ・スペースのマスタークラスでも取り上げていたジョン・ケージの『ドリーム』が収録されている。

Violent Viola

|

« 今日の収穫 | トップページ | 金丸葉子 "シャコンヌの情景” ヴィオラによる200年の回顧 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/42328700

この記事へのトラックバック一覧です: Esther Apituley:

« 今日の収穫 | トップページ | 金丸葉子 "シャコンヌの情景” ヴィオラによる200年の回顧 »