« ビックカメラからのお知らせ | トップページ | 北朝鮮、対南政策責任者を処刑か »

2009/05/20

大阪府八尾保健所 女児診察の医師に休業求める

大阪府八尾保健所 女児診察の医師に休業求める
5月20日1時31分配信 産経新聞

 大阪府八尾市で最初に新型インフルエンザの感染が確認された女児を診察した医師が、感染を拡大する可能性があるとして、府八尾保健所から休業を求められていたことが19日、分かった。同日、大阪市内で開かれた府医師会の会議でも、出席者から「医師に休業を求めるのは過剰反応では」などとの疑問の声が上がった。

 医師は16日、八尾市内の医療機関で小学6年生の女児(11)を診察。17日夜になって保健所から連絡があり、「休むか休まないかは先生の判断ですが、新型インフルエンザが蔓延(まんえん)したら知りませんよ」などといわれたという。このため、医師は八尾市内の医療機関を一時休診にした。

 府八尾保健所は、医師が濃厚接触者に該当するため、「不要不急の外出を控えてほしいということや診察の自粛もあり得ることを説明した」としているが、「保健所からの連絡が影響を与えたと取られても仕方がない」と話している。

 医師は、「女児を診察した後は、念のためにタミフルを服用する予防措置を取っていた」としている。

 ちょっと解せないのは保健所職員の言いぐさ。
「新型インフルエンザが蔓延(まんえん)したら知りませんよ」とはどういうことか?
他の患者に感染させたら行政処分でもするというのか?
「知りませんよ」とは何なのか?言葉の通り自分には責任がないと言っているだけなのか?
誰に責任があると言っているのか?
そんなことを言うなら、休診にするのかしないのか保健所が決めて、その上で生じたことにはすべて責任を負うべきではないか!!

|

« ビックカメラからのお知らせ | トップページ | 北朝鮮、対南政策責任者を処刑か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/45075982

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府八尾保健所 女児診察の医師に休業求める:

« ビックカメラからのお知らせ | トップページ | 北朝鮮、対南政策責任者を処刑か »