« クルターグ:ヴァイオリンとピアノのための3つの小品 | トップページ | 贄川二葉コンサート »

2009/07/06

田中詩織嬢ライブ

 以前どこかで目に入ったのだと思うがヴィオラのくせにジャズを弾く(それともジャズのくせにヴィオラ?)人がいるというので、ずっと気になっていた田中詩織嬢のライブへ行って来る。

於JESSE JAMES立川店
Va:田中詩織
Pf:松本茜

 ジャズでヴァイオリンってのは良くあるけどヴィオラになるとどんな感じになるかと思っていたら最初のステージは、
1st set
ピアソラ:リベルタンゴ、オブリビオン
バッハ:メヌエット、チェロ組曲1番より前奏曲、主よ人の望みの喜びよ
パッヘルベル:カノン
バッハ:ブランデンブルグ協奏曲5番1楽章Allegro
といった感じで我々にはお馴染みな曲ばかり。もっともしっかり原曲を換骨奪胎してジャズに仕上げている。
第二部はもっとスタンダードっぽく
2nd set
ガーナー:ミスティ
松本茜:ハーフブラッド
田中詩織:ザ・ヴィオラ
バート・バカラック:雨に濡れても
アントニオ・カルロス・ジョビン:バラに降る雨
リチャード・ロジャース:ブルームーン
ストレイホーン:A列車で行こう
もっとも最後は再びバッハで〆。
encore
バッハ:G線上のアリア
(曲は忘れてたり勘違いしてるかも知れん)

 女子大生ピアニストの松本茜ちゃんは高校生の頃からライブをやっていて今春バッハとバカラックを取り上げたアルバムをそれぞれリリースしたそうでこんな選曲になった模様。
 ヴィオラだとやっぱりヴァイオリンよりも骨太なので重音で弾き上げると結構迫力がある。ピックアップ越しの音だったけど生音だとどんな風に聞こえるのかしらね。
 んで、詩織嬢は現物は写真よりもさらに可愛かった。ヴィオラでジャズでアイドル系なのか?
 ヴィオラは42cmだそうだけど、ずっと大きく見える。今日の格言、「人のヴィオラは大きく見える」。

Trackback for 今日は立川

|

« クルターグ:ヴァイオリンとピアノのための3つの小品 | トップページ | 贄川二葉コンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/45551667

この記事へのトラックバック一覧です: 田中詩織嬢ライブ:

» A列車で行こう [A列車で行こう]
A列車で行こうの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「A列車で行こう」へ! [続きを読む]

受信: 2009/07/12 02:43

« クルターグ:ヴァイオリンとピアノのための3つの小品 | トップページ | 贄川二葉コンサート »