« 衆院選(2) | トップページ | プリマ・ヴィオラ? »

2009/08/22

調和の霊感アンサー

 数日前にヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集『調和の霊感』Op.3-3のヴィオラパートは別れるんじゃあるまいかと書きましたが、赤毛の司祭という素晴らしいヴィヴァルディのファンサイトsign02で質問した所こんなdownお答えを頂きました。
 いやぁありがたやありがたや。
 なにぶんバロック無知蒙昧の輩なもので、先達のお言葉は何よりも有り難い。
 てゆーか、ちゃんと楽器の指示は楽譜に書いてよ>ベーレンライター

作品3『調和の霊感』第3番のヴァイオリン協奏曲の弦楽伴奏部の編成は、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、
第一ヴィオラ、第二ヴィオラ、チェロ(またはコントラバスを含む)の五声でかかれています。
ヴィオラを二声にわけてトゥッティを五声部にするという書法は、先輩のアルビノーニが良く使っていますね。

|

« 衆院選(2) | トップページ | プリマ・ヴィオラ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/45995125

この記事へのトラックバック一覧です: 調和の霊感アンサー:

« 衆院選(2) | トップページ | プリマ・ヴィオラ? »