« サントリーホール サマーフェスティバル(8月24日)「音楽の現在」 | トップページ | コルンゴルトの弦楽四重奏曲その他 »

2009/08/29

サントリーホール サマーフェスティバル(8月28日)

 金曜もサントリーホールのサマーフェスティバルへ。
 今日はテーマ作曲家チン・ウンスクを中心に管弦楽の作品。

・リゲティ・ジェルジ サンフランシスコ・ポリフォニー
・アントン・ウェーベルン オーケストラのための5つの小品
・チン・ウンスク(陳銀淑) 大オーケストラのための「ロカナ」(日本初演)
・カン・スキ(姜碩煕) 大オーケストラのための「カテナ」(日本初演)
・チン・ウンスク 中国笙とオーケストラのための協奏曲(世界初演、今回委嘱)
指揮=秋山和慶、中国笙=ウー・ウェイ、管弦楽=東京交響楽団

 プログラムはテーマ作曲家に自身の旧作・新作と影響を受けた作曲家から選ばせるらしく、今日取り上げられた作品はリゲティ、カンという二人の師匠と、強い影響を受けたというウェーベルンを織り交ぜて。
 必然的にと言うか、似た傾向が続くことになり大変疲れました。
 濃厚なフランス料理を食べたみたいに満腹。ただでさえ濃厚なのに生で聞くウェーベルンは5つの断片がそれぞれ短いだけにさらにエッセンスを濃縮した感じで、息詰まるほど集中力を要求する。クルターグのように短い中に想いを詰め込んだかのよう。と思ったら、それは逆で、クルターグの出自の一つがウェーベルンなのだから当然と言うべきか。

 チン・ウンスクの新作は中国笙のために書かれた曲で表面的には火曜日のシャリーノと同じコンチェルト形式だけど、こちらの方はずっと聞きやすい。単純に比較できないけどあえて言ってしまうと、シャリーノは散漫なのに対しこちらはフィナーレまで緊張が持続する感じ。
 中国笙と言ってもマウスピースやキーなど近代的に改良しているそうで、それなりに音色のバリエーションがあるのでオーケストラに溶け合う感じ。

 ひっとしてこの人、リゲティの亜流のように言われることもあるかも知れないが、リゲティが存命で作品を書き続けていると思えば、それもまた良しと思える。

 チン・ウンスクに関してはこの方の記事が面白いdown
彦坂尚嘉の〈第41次元〉アート ウンスク チン/欠如の軽さ、そしてユン・イサンの至高性(改題2大幅加筆5) [新・美人論]

 火曜日とこの日は得がたい経験をすることができました。チケットを頂いた鶴ちゃん先生に感謝です。
 次回からは自腹で行くことにしようsign03

|

« サントリーホール サマーフェスティバル(8月24日)「音楽の現在」 | トップページ | コルンゴルトの弦楽四重奏曲その他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/46058071

この記事へのトラックバック一覧です: サントリーホール サマーフェスティバル(8月28日):

» 896- ウンスク・チン 管弦楽2009.8.28 サマーフェスティバル2009 [河童メソッド]
サマーフェスティバル2009 <MUSIC TODAY 21> . このサマーフ [続きを読む]

受信: 2009/08/30 12:16

« サントリーホール サマーフェスティバル(8月24日)「音楽の現在」 | トップページ | コルンゴルトの弦楽四重奏曲その他 »