« 民主党政策おさらい(1) | トップページ | ロールケーキ »

2009/09/09

クルターグの亡霊

今年の7月ぐらいにKairosレーベルから出たCDの紹介です。

ハンガリーの作曲家であるクルターグのピアノ曲を中心に、クルターグが影響を受けた古今東西の作曲家の作品を取り混ぜたアルバムです。

Pilsnerさんのブログk soběで紹介されているので、引用します。
コピペで恐縮です。だってまだ聴いてないんだもん。

(引用はじめ)
ピアニストのマリノ・フォルメンティは、ライナーノートに収録された詳細なインタヴューの中で、なぜ「Ghosts 幽霊」なのかを明かしている。

クルターグの音楽には、ほとんど強迫的な位に我々の音楽的伝統との結びつきが見られるように思う。彼の音楽には音楽史から多様な生産力とともに、そのしがらみも反映されていると言えるだろう。しがらみと生産力。もちろんそれは我々にも言えることで、実際、クルターグの幽霊は我々の幽霊でもある。無論、我々も、その幽霊のおかげで過去の偉大な作曲家たちを近しい者にできるのだが。

取り上げられた作曲家は、古くはマショーから始まりパーセル、バッハ、スカルラッティ、ロマン派ではシューマン、ショパン、リスト、新しいところではヤナーチェク、バルトーク、メシアン、リゲティ、シュトックハウゼン、ブーレーズなど、なんと17人にもおよぶ(意外なことにモーツァルト、ブラームス、ドビュッシー、ショスタコーヴィッチがない)。そのうちの何人かはクルターグの作品タイトルに名前をトリビュートされている。トラックのほとんどは3分未満で、曲によってはほんの断片だが(ベートーヴェンのバガテルはたった9秒!)、全70曲からなりCD2枚分もある。これらをフォルメンティは切れ目なく弾き繋げていく。

フォルメンティはイタリア生まれのピアニスト・指揮者で、今までケージやラッヘンマン等の現代曲を数枚録音している。今回初めて聴いたが、濁りのない美音と凄まじいテクニックの持ち主で、しっとりと余韻を響かせる一方、断片的な連結の緊張感を際立たせるため驚くような力技も披露する。これによりクルターグの簡潔な音楽の背景にある特徴が確かに浮かび上がってくる。

フォルメンティはクールな公式サイトを持っており、そこで2007年4月にサンフランシスコのデ・ヤング美術館において演奏した「幽霊」の動画を公開している。
(menu: sample ⇒ video)。

このCDはORF(オーストリア放送協会)との共同制作で、録音も良好。
ピアノが好きな方には特にお奨めしたい。

詳しい曲目は以下の通り。

CD1:
DE MACHAUT: Loyauté, que point ne delay
KURTÁG: Hommage à Farkas Ferenc No. 2
DE MACHAUT: Trés douce dame
KURTÁG: Hommage à Farkas Ferenc No. 4
KURTÁG: Hommage à Stockhausen
STOCKHAUSEN: Klavierstück No. 2
MESSIAEN: Île de Feu 1
KURTÁG: …humble regard sur Olivier Messiaen…
KURTÁG: Hommage à Pierre Boulez
BOULEZ: Notation No. 10
BOULEZ: Notation No. 12
MUSSORGSKY: Catacombs
KURTÁG: Hommage à Musszorgszkij
MUSSORGSKY: The First Punishment
KURTÁG: Hommage à J.S.B.
KURTÁG: Hommage à Domenico Scarlatti
KURTÁG: Hommage à Farkas Ferenc No. 3
SCARLATTI: Sonata K 394
KURTÁG: Hempergös (Tumble-Bunny)
KURTÁG: The Five-Finger Quarrel
BACH: Praeludium d-moll BWV 875
KURTÁG: Versetto: Temptavit Deus Abraham…
KURTÁG: Consurrexit Cain adversus fratrem suum…
HAYDN: Il Terremoto (The Earthquake)
KURTÁG: Sirens of the Deluge
SCARLATTI: Sonata K 197
KURTÁG: Fugitive Thoughts about the Alberti Bass
KURTÁG: All’ Ongherese
SCHUBERT: Ungarische Melodie D 817
LIGETI: Musica Ricercata No. 8
BARTÓK: Hungarian Peasant Song Op. 20, No. 2
KURTÁG: Orosc Tánc—Russian Dance
BARTÓK: Hungarian Peasant Song Op. 20 No. 5
BEETHOVEN: Bagatelle Op. 119 No. 10
BARTÓK: Rumanian Folk Dance No. 6
KURTÁG: Do-Mi D’arab

CD2:
PURCELL: Round O
KURTÁG: Tears
KURTÁG: Les Adieux (in Janáceks Manier)
JANÁČEK: On an Overgrown Path, II, 2
KURTÁG: Doina
SCHUBERT: Walzer D 365, no. 22
KURTÁG: Hommage à Schubert
KURTÁG: Keringö ( Waltz )
CHOPIN: Mazurka Op. 41, No. 2
KURTÁG: Hommage à Petrovics
KURTÁG: Hommage à Zenon
SCHUMANN: Kinderszenen: Frightening
KURTÁG: …and once again: Shadow-play
KURTÁG: Agitato
SCHUMANN: Kinderszenen: Blindman’s Buff
KURTÁG: (…and round and round it goes)
KURTÁG: Face to Face
SCHUMANN: Davidsbündlertänze Op. 6, No. 8
SCHUMANN: Davidsbündlertänze Op. 6, No. 9
KURTÁG: Nyuszicsököny (Stubbunny)
SCHUMANN: Davidsbündlertänze Op. 6, No. 4
KURTÁG: In Memoriam Edison Denisov
LIGETI: Musica Ricercata No. 9 (Bela Bartók in Memoriam)
KURTÁG: In Memoriam András Mihály
LISZT: La Lugubre Gondola No. 1
KURTÁG: For Marianne Teöke
KURTÁG: In Memoriam Lajos Vass
LISZT: At Richard Wagner’s Grave
KURTÁG: Szunyogh Istvàn in Memoriam
KURTÁG: Marina Tsvetayeva: It’s Time
SCHUMANN: Kinderszenen: The Poet Speaks
KURTÁG: …de már elfelejtettem…
KURTÁG: Lendvai Ernö in Memoriam
KURTÁG: In Memoriam Pál Járdányi
(引用終わり)

これは当然「買い」なんですけど、なにしろお金がない。。。
Kairosレーベルなので近々Naxosでオンラインで聴けるようになることを期待。

|

« 民主党政策おさらい(1) | トップページ | ロールケーキ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/46163213

この記事へのトラックバック一覧です: クルターグの亡霊:

« 民主党政策おさらい(1) | トップページ | ロールケーキ »