« マンスリアン | トップページ | last.fm »

2009/12/07

<事業仕分け>クラシック音楽関係者8人が反論

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000052-mai-soci

<事業仕分け>クラシック音楽関係者8人が反論
12月7日18時56分配信 毎日新聞

 政府の行政刷新会議の事業仕分けに対し、クラシック音楽関係者8人が7日、東京都内で記者会見して「緊急アピール」を行った。「友愛の精神は芸術から」と銘打って、「明確な文化立国のビジョンを示さないまま(日本芸術文化振興会の予算などを)大幅に縮減したことを危惧(きぐ)する」などとしている。

 ピアニストの中村紘子さんは「芸術文化は人間そのものを育てること。人間を育てるには時間がかかる。1、2年で効果が出るものとは違う」。指揮者の外山雄三さんは「少しずつ我慢してなんとかなるなら我慢したいが、オーケストラはもう限界」と述べ、作曲家の三枝成彰さんは「助成が削減されると、地方のオーケストラは存在できなくなる可能性がある。そういう意味がわかっていたのか、非常に疑問を感じる」と語った。【油井雅和】

 音楽関係も仕分けの対象になっているとは知りませんでした。うっかり。
 助成金の配分が偏っていて本当に必要なところに届いていないという問題はあるものの、文化を切り捨てる仕分け人の発言には目を覆うものがある。

 まぁ肯けないこともない話もあるが全体的には他の仕分け同様、議論が乱暴すぎる。ただ因縁つけてるとしか思えない所も・・・。
 要は小泉改革の構造改革、民営化路線と同じではないか。郵政は再国有化しておいて、他の分野は民間の自由競争に委ねるというのはどういうことか?変な所で小泉構造改革を継承したまま。
 とにかく事業仕分けの大目的が目先の財政を改善したいだけの財務省とマニュフェストに書いた人気取り政策の財源をひねり出すことにあるのだから。
 だけどなぜか仕分けパフォーマンスは民主党支持者には概ね好評のようですよ。既成秩序を破壊するのは快感ですからね。ただ、破壊した後に何をやるのかまったく展望がない。漠然とうまく行くだろうと楽観的に考えているだけっぽい。ダメな官僚が作った政策をひっくり返しただけで、ダメな官僚が別の名案を考え付くとは思えない。そう言えば小泉元首相も「ぶっ壊す」と盛んに言ってましたっけ。
 文部科学省も猛省して文化助成のあり方について真剣に考えてほしい。JASRACとか何とか文化財団に天下りしてる場合ではないですよ。

|

« マンスリアン | トップページ | last.fm »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/46983771

この記事へのトラックバック一覧です: <事業仕分け>クラシック音楽関係者8人が反論:

« マンスリアン | トップページ | last.fm »