« 小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」 | トップページ | パン屋大襲撃 »

2010/01/17

小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100117-00000000-maip-pol
小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

 16日に開かれた政権獲得後初の民主党大会は、小沢一郎幹事長が東京地検特捜部に対して「宣戦布告」する場となった。小沢氏の資金管理団体の土地購入を巡り、元秘書の石川知裕衆院議員らの逮捕から一夜明け、鳩山由紀夫首相は小沢氏に対し「(検察と)どうぞ戦ってください」と伝え、幹事長続投を容認。

 小沢はまだ何らかの容疑をかけられているわけではないが、首相ともあろうものが一方的に捜査対象に肩入れするとは何事か。
 小沢が辞めれば政権が立ち行かなくなることは自明だが、宰相が口にすべきことではないだろう。検察がおかしいと思うのであれば行政府の長として指揮権発動でもしてはどうか?

|

« 小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」 | トップページ | パン屋大襲撃 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/47318881

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生:

« 小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」 | トップページ | パン屋大襲撃 »