« 近況 | トップページ | ライス150杯 »

2010/02/04

小沢幹事長、続投の公算=「至極自然」と首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&rel=j7&k=2010020300912

小沢幹事長、続投の公算=「至極自然」と首相
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が3日、小沢氏を不起訴処分とする方針を固めたことを受け、同氏は幹事長職を当面続投する公算が大きくなった。しかし、元秘書の石川知裕衆院議員は4日の拘置期限切れに伴い起訴される方向。党内には、夏の参院選への影響を最小限にとどめるため、小沢氏の引責辞任は避けられないとの声も出ており、引き続き同氏の進退問題が尾を引きそうだ。
 鳩山由紀夫首相は3日夜、首相官邸で記者団の質問に答え、小沢氏の進退について「今そういった人事を考えているわけではない。この時点で小沢幹事長は幹事長として仕事をやってもらう」と述べ、続投させる考えに変わりのないことを強調した。
 首相は「小沢幹事長の体制で選挙を戦って、こういう状況になった。国民にこういう姿を見ていただいて政権を取った以上、それが至極自然だ」と表明。東京地検の処分に関しては「まだ報道段階で、事実かどうか分からない。仮定の話で答えるべきではない。事態を冷静に見守るばかりで、それ以上申し上げるべきではない」と語った。

 起訴されるようなことになれば辞任は当たり前の話で、政治家であればもっと厳しく自らを律するのは当然のことだろうに。
 適法であれば、あるいは起訴されさえしなければ何をやってもかまわないというのが民主党なのか。

|

« 近況 | トップページ | ライス150杯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/47475515

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢幹事長、続投の公算=「至極自然」と首相:

« 近況 | トップページ | ライス150杯 »