« 先日のヴィオラスペース | トップページ | YAMAHA P-85S »

2010/06/03

【公演情報】アルディッティ弦楽四重奏団

 一人晩飯を食べながら新聞を読んでいたら、広告欄の小さな公演情報にアルディッティの名前を発見!津田塾大学創立110周年記念企画でやるらしい。

2010年6月25日(金)午後7時開演 於津田ホール

●湯浅譲ニ:弦楽四重奏のためのプロジェクション
Joji Yuasa Projection for string quartet (1970)
●石井眞木:弦楽四重奏曲-「西・金・秋」作品96
Maki Ishii String Quartet -- West-Gold-Autumn(1992)
●パスカル・デュサパン:弦楽四重奏曲 第5番
Pascal Dusapin String Quartet No. 5(2004/2005)
●ハリソン・バートウィスル:弦楽四重奏曲 「The Tree of Strings」
Harrison Birtwistle String Quartet "The Tree of Strings" (2007)

という如何にもという感じ。デュサパンは不詳おそらく初耳。バートウィスルも名前は知っているが余り聴いたことがない。
面白そうだから行ってみようかしら。津田ホールってこういう企画が多いのかしら。

 詳細はコチラ↓。
アルディッティ弦楽四重奏団 2010

それにしても、
「アルディッティ弦楽四重奏団は、極めつきの現代音楽“大使”だ。
彼らの手にかかると、今日の音楽が腑に落ちる。だからもっと聴きたくなるのだ」ピエール・ブーレーズ
とか
「アルディッティ弦楽四重奏団は20年も前から、日本で言うところの“人間国宝”であり、現代音楽界での偉業は他を圧倒している。
音楽好きなら、彼らを聴き逃すことなどありえない」サイモン・ラトル
とか、誉めすぎではないでしょうか。

 それにしても^2、調べていたら偶然エリザベス・マコンキーが存命らしいことを発見して驚いた。1907年生まれだから100歳を越えてますが。彼女は10曲以上の弦楽四重奏曲(バルトークやショスタコーヴィチの匂いがする)や「5 sketches for viola」という曲を遺して書いている。「5 sketches for viola」は楽譜は持ってるけど音源が無いんだよな。

|

« 先日のヴィオラスペース | トップページ | YAMAHA P-85S »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/48539594

この記事へのトラックバック一覧です: 【公演情報】アルディッティ弦楽四重奏団:

« 先日のヴィオラスペース | トップページ | YAMAHA P-85S »