« N響定期 | トップページ | ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー »

2010/11/14

グレツキ逝去

週末、ツイッターでグレツキ逝去のニュースを聞く。

http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201011130183.html
ポーランドの作曲家、ヘンリク・グレツキさん死去
2010年11月13日14時20分

 ポーランドからの報道によると、ヘンリク・グレツキさん(ポーランドの作曲家)が12日、同国南部カトウィツェの病院で死去、76歳。

 ペンデレツキと並び、現代ポーランドを代表する作曲家。特に1976年に作曲した交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」は92年に英米のポップス・ランキングで上位を占め、現代クラシック音楽としては異例のヒットを記録した。(ベルリン)

 自分的にはシンフォニーよりは3曲の弦楽四重奏曲の方が印象深い。第2番はクロノス・クァルテットの委嘱で、現代ものの弦楽四重奏を聴き始めた頃にクロノス&グレツキに出会ったので特に印象深い。同じくクロノス・クァルテットの委嘱で書かれた3番は長い沈黙を経て発表された曲で1時間近い大作。(もっともミニマルっぽくリピート記号がやたら多いので楽譜自体はそれほど厚くないっぽい)

|

« N響定期 | トップページ | ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/50044592

この記事へのトラックバック一覧です: グレツキ逝去:

« N響定期 | トップページ | ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー »