« ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー | トップページ | 現代作曲家「蒼」新作書き下ろし演奏会28th »

2010/11/22

N響定期

 土曜日は某君に誘われて、先週に引き続き余剰チケットの消費に貢献する。

 行く途中にタワーレコードに寄ったら変なばあちゃんがピアノ弾いてた。
 と思ったら秋吉敏子だった。

 さて、早目に呼び出されてたので先週聴きそびれたロビーコンサートも聴いてみる。「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」のアンサンブルバージョン。
 
 マーラーは余り聴いたことないのでノーコメント。
 舞台裏で吹くホルンとトランペットはどうもロビーで吹いていた模様。遠くで鳴っているような柔らかい音がホール全体に響くようでええ感じ。

11月20日 | 土 | 開場 2:00 PM 開演 3:00 PM NHKホール
第1686回定期公演 Cプログラム 

マーラー / 交響曲 第2番 ハ短調「復活」
指揮|マルクス・シュテンツ

ソプラノ|クリスティアーネ・リボーア
アルト|アンケ・フォンドゥング
合唱|東京音楽大学

|

« ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー | トップページ | 現代作曲家「蒼」新作書き下ろし演奏会28th »

音楽」カテゴリの記事

コメント

あのバンダはよかったですね。普通はステージ袖で吹くんですが、わき上がるような響きだったのでおっしゃるとおりロビーだったのかもしれません。
・・同じエリアにいらしたんですねcoldsweats01

投稿: Gucki | 2010/11/23 12:01

Guckiさま

あぁ、マーラーだと結構使われるのですね>ステージ裏別働隊
こればっかりは実演を聴かないと体感できません。
いつの間にか扉が開けられていたので恐らくロビーで吹いていたのかと。

投稿: たけちゃん | 2010/11/24 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/50102051

この記事へのトラックバック一覧です: N響定期:

« ヒラリー・ハーン ヴァイオリン協奏曲 ヒグドン&チャイコフスキー | トップページ | 現代作曲家「蒼」新作書き下ろし演奏会28th »