« マーロフ&ヘルテンシュタイン ジョイント・リサイタル | トップページ | 安田記念(GI) »

2011/05/29

ヴィオラスペース2011第三夜

5月29日(日)17:00開演
 コンサートⅢ「ヴィオラ、ヴィオラ、ヴィオラ~ヴィオラ万歳!」 
 ~無伴奏からヴィオラ・オーケストラへと至るスペシャル・プログラム~

◇ストラヴィンスキー:悲歌  鈴木康浩(Va)
◇シューマン:幻想小曲集  青木篤子(Va) 野平一郎(Pf)
◇ブラームス:ヴィオラ三重奏曲 変ホ長調 Op.40  セルゲイ・マーロフ(Vn) 鈴木 学(Va) 野平一郎(Pf)
◇シュニトケ:弦楽三重奏曲 原田幸一郎(Vn)/菅沼準二(Va)/原田禎夫(Vc)
◇クレンゲル:8つのヴィオラのための讃歌
   紀尾井シンフォニエッタ東京・ヴィオラ・セクション&フレンズ
[鈴木学/安藤裕子/ジェンセン・ラム/エンシク・チェ/馬渕昌子/般若佳子/阪本奈津子/大島 亮]
◇クニゲ:Achille, Ajax&Moi~ソロ・ヴィオラとヴィオラ・オーケストラのための
  独奏:今井信子 原田幸一郎(Cond)
 ヴィオラI ファイト・ ヘルテンシュタイン/エンシク・チェ/大島亮/青木篤子/須田祥子
 ヴィオラII 井上祐子/川本嘉子/ジェンセン・ラム/阪本奈津子/柳瀬省太/川崎雅夫
 ヴィオラIII 百武由紀/店村眞積/鈴木康浩/安藤裕子/般若佳子
 ヴィオラIV セルゲイ・マーロフ/鈴木学/菅沼準二/馬渕昌子/佐々木亮
◇テレマン:4つのヴィオラのための協奏曲 第4番  ヴィオラ奏者全員
 ヴィオラI 鈴木学/エンシク・チェ/菅沼準二/川崎雅夫/馬渕昌子
 ヴィオラII 鈴木康浩/今井信子/百武由紀/ジェンセン・ラム/大島亮
 ヴィオラIII 青木篤子/川本嘉子/井上祐子/セルゲイ・マーロフ/阪本奈津子/須田祥子
 ヴィオラIV 柳瀬省太/店村眞積/ファイト・ヘルテンシュタイン/安藤裕子/般若佳子/佐々木亮

 例年は二夜しかないコンサートに一夜追加されたのが今日のコンサート。ということで特別プログラムらしい。
 無伴奏のヴィオラからヴィオラオーケストラまで次第に規模が大きくなっていくプログラムになっている。

 ストラヴィンスキーのエレジーはエレジーというタイトルは付いているが痛切な哀歌というよりは淡々としたアーリー/ミュージックのような曲。
 シューマンを弾いた青木さんは細身ながらパワーがあり切れのあるカッコいい演奏を聴かせてくれた。
 ブラームスのトリオは原曲はホルン三重奏らしいが、最初からピアノ三重奏として書かれたのじゃないかという位しっくり来た。ヴィオラが引き立つように編曲しているのだと思うが鈴木学さんが渋くこれまた格好良く決めていた。
 シュニトケは渋いおじさん三人組による超渋い演奏。
 クレンゲルという人のことは知らなかったが20世紀初頭まで活躍したチェリストだったらしい。この曲は元々12本のチェロのために書かれた曲らしいが短いながらも静謐な美しい曲。
 クニゲは現代のオランダの作曲家。ヴィオラ弾きでもあるようだがまだ27才と若い。コルレーニョや様々な音が出てくるが時折全オーケストラがユニゾンになる時の音は異様に圧倒的。何しろヴィオラだけが20本というのは滅多に聴けるものではない。
 曲の途中でマーロフ君がフラフラ歩き出しオーケストラの背後をブラつきながら弾く箇所があった。音響空間的な作曲者の意図で楽譜に指示されているのだろうが、コンチェルトを弾いていても自分の出番以外ではオーケストラの方を見て体を揺らしているマーロフ君にその役回りを与えるあたり、みんなも茶目っけがあるね。
 同じく、テレマンの原曲はヴァイオリン4台のコンチェルトだが、今回はオーケストラパート含めてすべてをヴィオラで弾いてしまう。聴いていてとにかく心地よく、この演奏が永遠に終わらないでくれと思わず願うばかり。曲が終わった後もひたすら拍手して、拍手している間はまだ終わらないからね。
 とは言え年に一度のお祭りはいつかは終わってしまうわけで、ついに会場の照明が明るくなって終演の時を迎えてしまう。今年も終わってしまいました。何かすごく寂しい。夏休みが終わってしまった気分。

来年は第二回東京国際ヴィオラコンクール。

と感想めいたことしか書いてこなかったが、詳細なクリティークは例によってアリスさんのアリスの音楽館を見て下さい。

|

« マーロフ&ヘルテンシュタイン ジョイント・リサイタル | トップページ | 安田記念(GI) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22087/51804989

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラスペース2011第三夜:

« マーロフ&ヘルテンシュタイン ジョイント・リサイタル | トップページ | 安田記念(GI) »