« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の13件の記事

2012/03/27

Lesson 182

 ヴァイオリンのレッスン182回目。
 最初の10分間は女子トーク。
 軽くd-mollのスケールをやっておもむろにエックレスの二楽章。
ゆっくり目のテンポではあるが通す。

・和音の前のアップで入るアウフタクトはその後の和音でいっぱい弓を使いたいので、一気に元弓まで戻すこと
・スタッカート(ほぼ全体)はもっと短くすること
・強弱をもっと付けること

重音は相変わらず音程が悪い。
テンポはもっと速くした方がよかろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/26

河津桜

 昨日オケの練習で小田原生涯学習センターけやきに行く途中に咲いていた桜。
 桃の花かと思ったけど、桜なのでしょうか?
 ここら辺は河津桜を移植している所が多いから早咲きなのだとか。

Img_4334w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/25

オケ練(オーケストラアンサンブル西湘)

オーケストラ・アンサンブル西湘の練習で小田原まで。

今日は先生がいないので自主練習的に団員だけで通す。
とにかく通す。通す。通す。
テンポ通り通す。通す。通す。
所々怪しい部分を修正しながら通す。通す。通す。

ひっとして金谷先生よりも速いテンポだったんじゃないの?ほんま疲れましたわ。

今日はエキストラの管楽器の方がいらっしゃって、今まで穴が開いていた部分が埋まるので、何か曲らしくなってきたぞ(笑

それでも自分は全体的にスピードに付いていけず遅れたり落ちたりする所が所々。
メンデルスゾーンはカウントを間違えると半永久的に落ちっぱなしになるので危険。

いつもの先生の指導の時よりも弾いている時間が長かったのでとにかく疲れましたわん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/18

オケ練(オーケストラアンサンブル西湘)

 オーケストラアンサンブル西湘の練習で松田町民文化センターまで。
 今日はバイオリンの片野先生の指導。
 今日は団員も集まりが悪く、本番まで1ヶ月とちょっとなのに大丈夫かと不安になる一方、まぁこういう時もあるので仕方ないという開き直りも(笑)。仕事が忙しかったりすることもあるし、この団は少しのんびりした所があるので、らしいと言えばらしい。だけど、パートが欠けると合わせになりませんがな。もっとも、管楽器は欠けてる所が多いけどね( ̄▽ ̄)。
 曲はまず魔笛序曲をゆっくり丹念にさらう。短い曲ながら今まで余り見て貰ってないのでけっこう怪しい。普段は速さに誤魔化していた部分が露わになるのでヤバい。人が少ないこともあり時としてマンツーマンの特訓になったりして。
 あとは、ベートーベンとメンデルスゾーンの怪しい部分をさらう。
 けっこう疲れました。

 4月22日は演奏会なので参集のほどをよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/14

オーケストラ・アンサンブル西湘 第二回定期演奏会

コンサートのお知らせです。

私がヴィオラを弾かせてもらってる(けして邪魔をしているわけではない)オーケストラ・アンサンブル西湘では、来る4月22日に定期演奏会を開催します。
入場無料ですので、御近所とお誘いあわせの上お気軽に御来場下さい。


オーケストラ・アンサンブル西湘 第二回定期演奏会

曲目:
歌劇 《魔笛》 序曲 K.620:W.A.モーツァルト
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64:F.メンデルスゾーン
交響曲第1 番ハ長調 作品21:L.V.ベートーベン

指揮:金谷 直樹

独奏:片野 可八子

日時:
2012年4月22日( 日) 13:30 開場/ 14:00 開演

会場:
 松田町民文化センター大ホール

小田急線松田駅下車徒歩5 分 入場無料・全席自由
JR御殿場線松田駅下車徒歩5 分

Flier2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/13

Lesson 181

 バイオリンのレッスン181回目。

 会社を早退して病院に行って早めに終わったのはいいが時間調整のためヴェローチェでのんびりしてたら何を勘違いしたのかレッスン開始時間を1時間間違えた。慌てて家に戻ってバイオリンを担いで電車に飛び乗ったが30分超の遅刻。幸い、いつも自分の後は空いているので、その時間帯で見てもらった。
 今日は時間もないのでスケールもほどほどに(エクササイズは前回もなし)、エックレスの二楽章。だいたい通す→だいたい通った。さらってない割には弾けてたんじゃないか?(自画自賛)

 課題は、
・どうしてもB(♭シ)が高くなってしまう。
 特に重音の音程悪し。ポジション移動直後も音程悪し。
・pはもっと弱く、ffはもっと激しくした方がよい。ffのとこはもっと元弓で。

 あと、二楽章はほとんどスタッカート的なのだが、pの所が余りスタッカートぽくなってないなぁ。それに右手の小指を丸くするようにってのも毎回言われてる気がする。なんでやろ?
 それに、フレーズの途中の音が途切れないようにってのも毎回のように言われてるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/11

オケ練

 オーケストラ・アンサンブル西湘の練習でまたもや小田原へ。
 エキストラのファゴット氏が初参加。さすがにいきなりはきつそうだったが、今まで欠けていたパートがいてくれると全然違いますわ。これからもヨロシクね。

 練習は、基礎練習の代わりに再びベートーベンの4楽章から開始。
 今日は指揮者先生とソリストをお願いしているバイオリン先生が二人ともいらっしゃるので、メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト中心。
 怪しいところを直していきながら、仕上げにソロ付きで全楽章ほぼ通す。ただし、カデンツァ除く(^_^;)。
意外(?)に通った感じ。自分的には弾けてないところがあったり、カウント難しく入れない所があったりするものの、昨日さらってない割には弾けていたので(?)絶望的というほどではない気がする。(楽観的)
 次に、モーツァルトの魔笛序曲。短い曲ながらテンポが異様に速いのでなかなか付いていけなかったり。。。チェロとヴィオラがずれて旋律を奏でる所が一番の鬼門だわ。あと、ヴィオラが目立つところ、遅れないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/10

チェンバーオーケストラ相模原 結成記念コンサート

 先日告知したチェンバーオーケストラ相模原のコンサートに行ってくる。
 相模原在住の演奏家を中心にしたプロオケです。今回が結成記念第一回演奏会。
 チャイコフスキーの弦楽セレナーデが秀逸でした。大迫力で、やっぱりこの曲は中低弦がキモだわ。室内楽団でこれだけ聴かせてくれるのはさすがプロ!この曲いつかは弾いてみたいよね。今年のチビッコオケの曲だけどけっこう大変そうなので乗れるかどうか。
 管楽器のセレナーデは軽く聞き流しながら最後は少し心地よくうたた寝。
 ジュピターは様式美という点で個人的には40番の方が好きなので。。。
 杜のホールはしもとには初めて行ったけど、座席数500ほどのシュータイプのホールで音響はなかなか良い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/09

ヒラリー・ハーン:Spectacular

 これも先日のアイブズと一緒に内容を確かめずにアマゾンで購入。
 だって輸入盤が3枚組で1500円ほどだったんだもん。

 中身は、ソニークラシカル時代の19歳から22歳の頃に録音したコンチェルト集でした。
 メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームス、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィッチ、バーバーの協奏曲。基本的にヒラリーは、古典的な曲と近現代の曲をカップリングしているはずなので、どちらかというと古典的な曲を集めたような気もするが、まぁ仕方ない。
 若い頃の彼女は技巧を要する曲であってもいとも簡単に弾いてしまうので、軽い印象もあるが、まぁそれも仕方ない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/08

ヒラリー・ハーンのFour Sonatas

 先日、ヒラリー・ハーンの新譜(と言っても発売は去年?)と云うことで作曲者が誰か確かめないまま購入。開けてびっくりアイヴズでした。(まぁびっくりはしないけど)

 ヒンデミットのような調性の希薄さ、バルトークのような不協和音にも聞こえ、あえて言うなら奇奇怪怪。
 アメリカ民謡の引用の調子っぱずれさはシュニトケを思わせないでもない。聞けば聞くほど変に聴こえる。それを二人(特にピアノのヴァレンティーナが)が奔放に弾きまくるという怪作。
 この二人、本当にコンサートでこんな曲弾いてるんかいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/07

チェンバーオーケストラ相模原 結成記念コンサート

 私のオケ(オーケストラアンサンブル西湘)で指導をお願いしている片野先生が参加されている室内楽団が旗上げ公演をされるらしい。
 いちおうプロオケらしい(なんて失礼な)。なんと音楽監督兼コンマスがN響の堀さんとか。
 てかヴィオラに友美さんが入っているではないか。近隣にお住まいですか?


チェンバーオーケストラ相模原 結成記念コンサート

公演日 2012年3月10日(土)
時間 15:00開演 14:30開場
会場 杜のホールはしもと・ホール
曲目
 チャイコフスキー/弦楽のためのセレナーデ ハ長調 Op.48
 モーツァルト/管楽器のためのセレナーデ 第11番 変ホ長調 K.375
 モーツァルト/交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

詳細は相模原市民文化財団

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/06

Lesson 180

 バイオリンのレッスン180回目。
 あいかわらずd-moll。
 エックレスの二楽章。ホントは2倍くらい速いんだろうけど、かなり遅いテンポで通す。この曲だけ練習すればいいなら高速で弾けるんだけどねぇ。(たぶん)
 三楽章にも少し入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/04

オーケストラアンサンブル西湘 2012年3月4日

 今日はオーケストラアンサンブル西湘の練習で小田原まで。
 三週間ぶりに指揮の金谷先生の指導。
 いきなりベートーベンの四楽章から始まり、二楽章、三楽章と細かい部分を仕上げていく。この曲は長いこと練習しているだけあってそれなりに弾けてるし、けっこう良い感じに仕上がっている気がする。とはいうものの、全体的にテンポが速い。特に三楽章のテンポが異常に速すぎるので中々付いて行けない。一旦落ちると二度と這い上がれない。。。
 続けて魔笛序曲。これも細かい指示が多かったけど、久しぶりに弾いたので所々間違えつっかえ・・・
 メンデルスゾーンは余り時間が取れなかったがそれなりに(?)。前回、前々回みっちりやったので大分分かって来たぞ!(今頃ですか)
 とはいえ、やっぱりインテンポだと付いてけない所が・・・

 昨日は終日家にいたけど、二週間ぶりにバイオリンを弾いてみたら余りの弾けてなさに結局ほとんどバイオリン弾くはめになって後は日ごろの疲れを癒すためにうたた寝してたのでヴィオラは余り弾いていない。。。
 とか、さらってない言いわけをしても仕方ないので、もうちょい練習しなくては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »