カテゴリー「山」の11件の記事

2012/04/30

20年ぶりの丹沢塔の岳

 20年振りに丹沢塔ノ岳に登ってくる。ルートは大倉尾根往復。下降路に利用したことがあるはずだが、まったく記憶にない。
 去年鍋割山に登ったのもGWだったので丹沢自体登るのがもう一年前になる。
 通称バカ尾根というだけあってひたすら登り。金時山に登ってから半年近く立つのでかなり体がなまっていて辛い。途中何度もタオルを絞るほど汗だくになる。
 久しぶりの登山だけあって標準タイムよりはかかり、大倉から塔ノ岳まで3時間45分。あいにくの曇り空ながら富士山が見える。
 帰りは鍋割を経由しようかとも考えたが無理はせず今日の所はまっすぐ帰ることにした。

コースタイム
大倉(3:25)金冷やし(0:20)塔ノ岳(0:10)金冷やし(2:15)大倉

↓は薄曇ながら幽玄の富士山
Img_4462w_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

アコンカグア

 今夜のイッテQは、こないだから予告されていたイモトのアコンカグア挑戦2時間スペシャル。
 ガイド登山とはいえ南米最高峰で、登攀技術がなくて登れるのは後はエベレストしかない。
 精神的にはモンブランの時ほど酷くはなかったように感じたが、編集上カットしただけで高山病にもやられ恐らくかなり過酷な状況だったのだろう。体調と天候のコンディションの結果、頂上目前にして敗退することになったが、もう芸人のバラエティ番組の枠を超えている。家人も言っていたが、イモトもそろそろ登山家の域に達しているかも知れない。
 次はエベレストになるのかアコンカグアに再挑戦するのか、はたまた別の山に登るのか分からないが、健闘を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26

金時山→明神ヶ岳

 箱根の金時山に行って来る。千石原から金時山→明神ヶ岳に至り前回とは逆のルートで道了尊(最乗寺)に抜けるコース。山行記録はたけちゃん山日記「金時山~明神ヶ岳」で。

 ↓は金時山から望む富士山。手前が御殿場。
Img_1609w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/10/08

箱根 明神ヶ岳

 紅葉にはまだ早いが少し涼しくなってきたので箱根の明神ヶ岳に登ってくる。
 下の写真は山頂から望む早雲山。霞んで分かりにくいが右側の岩肌が大涌谷。下の町並みが強羅~宮城野。
 山行記録はコチラ→「箱根 明神ヶ岳~明星ヶ岳」
Img_1084w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/04/30

鍋割山

 実に20年近くぶりに丹沢は鍋割山に登ってくる。
 詳細は別邸にて。「丹沢 鍋割山」たけちゃん山日記
 あ~疲れた。

 下の写真は稜線からの眺望。
Img_0403w


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/04/16

パタゴニアンエクスペディションレース

 何気なくNHK BSを見たらパタゴニアンエクスペディションレースというアドベンチャーレースの日本から参加したチームの模様をやっていた。
 8日間で600Kmのパタゴニアの大自然を踏破するという睡眠や休息の時間は考慮されていない過酷な耐久レースらしい。
 カヌーありバイクありで山岳レースに加えてトライアスロンを自然の中でやるようなイメージが近いか?
 水平方向の移動が多いので山岳レースとも違うし、「前人未踏」の言葉通り誰も通ったことのないルートを進むので、体力と精神力に加えてルートファインディグやナビゲーション能力といったスキルも必要になってくる。うたた寝してて途中から見た家人曰く「わかった!これオリエンテーリングでしょ?」確かに。。。
 日本チームの紅一点は普通のOLやっててアドベンチャーレース初めて3年だというのに相当タフ。しかもけっこう可愛かったりする。
 途中雨に打たれて各チーム疲労凍死寸前だったり結構ヤバイ激流の渡渉があったけど今まで死者は出てないのかこのレース?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

大山阿夫利神社

 仮にこれを登山と言うのであれば。大山に登って来た。
 詳細はたけちゃん山日記へ。

 写真は山頂から望む湘南・江ノ島
Img_0209w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/03/20

「世界の名峰 グレートサミット」マッキンリー。

 去年の放送の再放送らしい「世界の名峰 グレートサミット」シリーズ、昨日はマッキンリー。植村直己さん始め多くの登山家が遭難している魔の山。
 気象条件が余りに過酷な冬季と比べて夏期なら技術的にはそれほどでもないような気がする。やはり敵は高度と気象か。
 にしても、登頂に3週間もかかるのでは普通の勤め人のほほんハイカーには手が出ないよ。

J_summit_20100421_0469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/05

プレミアム8 世界の名峰 グレートサミッツ「ヨセミテの大岩壁に挑む」

3/2放送の録画観る。

 ヨセミテ、ハーフドームと云えばフリークライミングの発祥の地にして聖地。

 最後に登ったカテドラル・ピークの300メートルの岸壁は最初は比較的やさしそうだったが、上に行くにつれホールドも少なくかなりしんどそう。てゆうか、自分らには全然歯が立たないであろう。
 それにしてもロクに装備が発達していない時代にこのピークに初登頂を果たしたジョン・ミュアーという人、只者ではない。ヨセミテの自然保護に貢献した人らしいのだが。

Lrg_10358415

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景百名山 第4回「大菩薩嶺・冬」

04_01

 今日放送分を録画で観る。
 深田久弥の百名山を紹介するシリーズの4回目。
 大菩薩嶺は、積雪があるにもかかわらずガイドさんが終始ゴム長で登っていたように、険しい山ではない。
 今回のガイドさんの人生が語られていたが、山に焦がれ、山に魅かれる人は下界の人間社会ではうまくやっていけない人が多いように思う。クライマーが、山で死ねたら本望という気持ちも分からないでもない。
 死ぬ気が無い我々は、せめて山に登って嫌な事を忘れ俗界の垢を洗い流すくらいなのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧